Microsoft社が、「Windows 10 Insider Preview」の最新ビルド「Build 14251」を公開

Microsoft社が、「Windows 10 Insider Preview」の最新ビルド「Build 14251」を公開しました。

Sponsored Links





今回のアップデートは、ビルドナンバーが前回の2016年1月22日リリースの「11102」から「14251」へと、いきなりジャンプしていますが、モバイル版の「Insider Preview」とビルドNoを合わせるための措置で、機能面での大きな変更はないようです。

<既知の問題点の修正
・グラフィックス周りの不具合でゲームアプリがクラッシュする問題
・「ナレーター」、「拡大鏡」、サードパーティ製の支援ツールが正常に動作しない(停止やクラッシュが発生)問題
・画面の解像度をDPIが175%に設定されている場合に「エクスプローラー」が頻繁にクラッシュする問題。

未解決の問題
・ログイン直後に「WSClient.dll」のエラーダイアログが表示される。
・「接続」ボタンが、アクションセンターに表示されない。
・メモリ管理処理の変更により、アプリケーションが定期的にクラッシュする。

・Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14251
https://blogs.windows.com/windowsexperience/2016/01/27/announcing-windows-10-insider-preview-build-14251/

追記> その他のMicrosoft社のアップデート情報

1)脆弱性緩和ツール「EMET 5.5」が正式版に「Windows 10」をサポートしました。

「EMET」は、さまざまな脆弱性緩和技術を追加することにより、脆弱性のあるアプリケーションにセキュリティ更新プログラムが提供されるまでの間、システムを攻撃から保護する。

対応OS
Windows Vista、7、8、8.1、10
・Enhanced Mitigation Experience Toolkit (EMET) 5.5   ダウンロードサイト
https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=50766

2)Windows 10向けの「OneNote」アプリで、ドキュメントスキャナーアプリ「Office Lens」が統合されました。

・「OneNote」はデジタル「メモ」アプリです。

・「Office Lens」は、iOS版もあり、iPhone6で活用していますが、非常に便利です。
例えば、バスの時刻表などを「Office Lens」を起動してiPhone6で写真を撮ると多少、斜めに撮ってしまっても、ちゃんと補正して保存してくれます。

・「OneNote」は、無料でダウンロードできます(モバイル端末用も有ります)。
https://www.onenote.com/

Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*