Windows8、8.1の高速化(重いを解消)と「Windows7」のルックライクにするには


Sponsored Links




5.「Windows 10」にアップグレードする。

「Windows 10」が、2015年7月29日にリリースされますが、「Windows 8」を使っている方なら、1年間の期間限定ですが、無償で「Windows 10」にアップグレードできます。 タブレットでも使えるようにしてありますので、 Windows 8から10にアップグレードしても、よっぽど性能の低いパソコンでなければ、以前のWindowsの様に重くならないし、「Windows 7」の様に使いやすくなっています。

ですので、「Windows 8」が重いなら、あまり、急がずに、「Windows 10」にアップグレードしてみると云う手もあります。

以前、「Windows XP」や「Windows Vista」のユーザーでしたら、「Windows 10」にアップグレードした方が、なじみやすいと思います。

startup_che_002

「Windows 10」のスタートメニューを変更できるアプリ「Classic Shell」をインストールすると上図の通り、ほぼ、「Windows 7、Vista」のスタートメニューに変身させることができます。

ブラウザも、既定は「エッジ」になりましたが、IE11を起動させることも可能になっています。

私の場合は「MacBook Air 13」に、「Windows 10 Technical Preview」をBoot Campを使って入れて、今も運用しています。

「Windows 10」へのアップグレード。。。。。どうしよう? と悩んでいる方がいれば、ちょっと記事を読んでみて下さい。

お勧めは、デスクトップでもノートPC、どちらでも良いのですが、「Windows 10」アップグレードするタイミングで、ストーレージをHDDからSSD(今でしたら、256GBで1万円ほどで購入可能)に変更すると、CPUのグレードを1グレード上げるより、遥かに高速になります。

Windows 10 関連記事
Windows 10のスタートメニューをWindows 7風にする改良する方法
「Windows 10」のメモリ管理と「高速化対策」について
Windows 10のトラッキング機能を一発で停止させることができる「Spybot Anti-Beacon」アプリがリリース
Windows 7/8.1から、Windows 10への無償アップグレードを抑止する方法
Microsoft社が、「Windows 10」は、2025年までサポートされることを明らかにしました。

Sponsored Links










関連記事
ハードディスク(HDD)を丸ごとバックアップできるフリーソフトとHDD、SSDについて
WindowsパソコンやIEなどのブラウザが、ちょっと「重くなったなー」と思った時に、簡単にある程度改善することができる方法。

今年、大学生になる皆さんの為のパソコン講座です。
Windows 8にスタートメニューを追加できるアプリ「Start Menu 8」の最新版v2.0を公開
Windows Vista 7 8.xの起動ディスクにSSDを使用している場合の「最適化設定」方法

Windows 7を高速化する
夏休み中、「Windows 7」のIE11が、急に重くなった。。。。です。
Windowsパソコンのデータバックアップ方法について
インターネットが遅い、原因は何?。
6年前のWindows Vistaパソコンに、Windows 7を入れて重いを解消できるか?

第1回 Windows Vistaが重いので、何とかならないか?
第2回 Windows Vistaが重い ハード的な要因についての対策方法
第3回 Windows Vistaが重い :OS、アプリケーション的な要因について
第4回 Vistaに限りませんが、ちゃんと「メンテナンス」をしていないのも、重くなる大きな原因の1つです。

コメント

  1. […] こちら「Windows8、8.1の高速化(重いを解消)と「Windows7」のルックライクにするには 」の記事参考にさせていただきました […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です