auとソフトバンクの2年縛り後の対応と、とんでもない料金プラン!!の発表 アホか?

auソフトバンクの2年縛り後の対応と、とんでもない料金プラン!!の発表 アホか?

下記の記事を読んでもらうと、どんな内容か理解できるのですが。。。。どんな内容かどうか、と言うより、まず、「考え方」がおかしいのです。

auとソフトバンクの新2年縛りは結局高いだけなのか

2016年6月1日より、提供開始3年目(25か月目)以降は、契約解除料(解約金)が発生しないプランが開始される。。。。は?。。。なんで?です。

Sponsored Links





料金プランの内容を見ると、3年目以降、契約解除料(解約金)が発生しない代わりに、月額料金が、300円ほど高くなる料金プランなのです。

ソフトバンク

新料金プラン 通常の料金プラン
スマ放題 通話し放題プラン 3,000円 2,700円
通話し放題プラン(ケータイ) 2,500円 2,200円
スマ放題ライト 通話し放題ライトプラン 2,000円 1,700円

au

新料金プラン 通常の料金プラン
4G LTEスマートフォン スーパーカケホ(電話カケ放題プランS) 2,000円 1,700円
カケホ(電話カケ放題プラン) 3,000円 2,700円
4G LTE ケータイ カケホ(電話カケ放題プラン (VK)) 2,500円 2,200円
3Gスマートフォン
3Gケータイ
カケホ(電話カケ放題プラン (ケータイ))
(電話カケ放題プラン (ケータイ・データ付))
2,500円 2,200円

このプランが、損か、得かの問題ではないのです。

契約解除料(解約金)が発生しない代わりに、月額料金を、300円ほど高くする? 意味が理解できない。

2年縛りで、3年目以降、なぜ?契約・解除料(解約金)を取るのか? ただ単に2年目以降、いつ止めても、解約料金を取らないのが普通なのではないか。

3年目以降、なぜ? 契約・解除料(解約金)がかからないからと言って、予め、月額料金で、300円も余計に金を取るのか?

まあこれは、完全にユーザーをバカにしたやり口です。ユーザーをバカにしたやり口になる背景が有ります。

スマートフォンのわけもわかんないユーザーを囲い込むための手段で、こんな風に、ユーザーの行動を分析しているのです。

現状、ちゃんとしたユーザーは、ちゃんと2年満期で、金のかからないタイミングで解約するが、訳の分かんないユーザーは、2年後、満期のタイミングをのがしても、解約料金がかかると知れば、そのままグダグダと契約を継続してくれると考えています。

自動更新を止めれば

1)1度契約したら、満期が、何年、何月か。。なんて、覚えてもいないほどの知能しか持ち合わせていない、グダグダのユーザーが圧倒的多数だから良かったが、自動更新をヤメれば、契約解除者が増えるだろう。。という予想を立てている。

2)2年縛り後、解除料(解約金)がかからないと、グダグダのユーザーが知れば、気軽に解約されて、自社で囲い込めなくなる。だから、解約料を2年以内の料金の中に含めてしまおうと。。。

だから、予め、解約料分として、月額料金で300円徴収する。 普通、取らないでしょう?

もう一つ、グダグダのユーザーは、手続きの面倒な「MVNO」に移行しないだろうとタカをくくっているから、料金を下げようとはしないのです。

なぜ、こんな料金プランを平然と出せるのか? 簡単です。

本当に、日本の「キャリア(土管屋)」のやることなすこと、ただの「土管屋」の所行です。

そう、「通信料金(回線契約)」でしか、稼げないからです。
美味しい所は、全部、Google、Apple、Amazonに持って行かれていますので。。。

故に、提供開始3年目(25か月目)以降は、契約解除料(解約金)が発生しないプランなどと、どー考えても、頭の配線がおかしいプランを平然と出してくるのです。

 

補足説明:「土管屋」とは
日本のキャリアは、「回線」しか売るものが無いので、「土管屋」と揶揄されています。
その通リですが。。。。

補足説明:「土管屋」の運命について
MWC(Mobile World Congress )2014の会期中に「エリクソン」が開催したプレスカンファレンスで、同社のハンス・ベストベリCEOは、「業界全体が自らの役割を問いなおす時期に来ている」と訴えています。
今後の通信事業者のモデルとして、3つのタイプが考えられると。。。。
1)「ネットワーク オペレーター」 :回線だけを提供する。 ただの「土管屋」。
2)「サービス イネーブラー」   :回線に加えてプラットフォームを含めて提供する。
3)「サービス クリエーター」    :回線、プラットフォーム、サービスも提供する。

さあ、日本のキャリア(通信事業者)3社は、「サービス クリエーター」のレベルまで到達できるか? 逆立ちしても、絶対無理。。。一生、「土管屋」=「ネットワーク オペレーター」でしょう。

関連記事
総務省が、キャリア3社によるスマートフォン端末の安売り規制を強化する販売指針に対して、一般から公募した意見がちょっと的外れで哀れな件。

総務省が、キャリア3社に対して、「実質0円」や「2年縛り」に厳しく、「モグラ叩き」を続けている様です。

最近、MVNOが、百花繚乱?とまでは言わないが、激しい事になっています。 キャリア以外の格安SIMとスマホに乗り換えれる人と、できない人の違い。

KDDIの田中社長が、「2年縛り」を見直し、自動更新を廃止へ 明言

総務省の指導を受けて、「実質0円」端末の販売を終了に対して、2月のスマホ販売は半減 「実質0円終了」が影響。。。 消えた「実質0円」…スマホは“冬の時代”に突入。。なんだそれ?

2016年、キャリアの携帯電話料金は値下がりするか? 予想通りユーザーをなめている。

2016年、キャリアの携帯電話料金は値下がりするか?


Sponsored Links










コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*