無償のクリップボード履歴&定型文ユーティリティー ツールソフト「Clipboard History 1.0.1」が公開

2016年4月1日、
無償のクリップボード履歴&定型文ユーティリティー ツールソフト「Clipboard History 1.0.1」が公開されました。

早速、起動して使用してみましたが、なかなかです。 最初、慣れが必要ですが、ブログを書いている方に、文書の入力支援になるアプリケーションですので、お試しあれ。

Sponsored Links




クリップボード履歴の表示>           <定型文メニューの表示

clipboardhistory_001

使い方
・クリップボード履歴の表示  : Ctrl キーをダブルプッシュ
・定型文メニューの表示    : Shiftキーをダブルプッシュ
・アプリメニュー       : タスクトレイアイコンを右クリック
・FIFO ペースト        : Ctrl+v
・結果をクリップボードに転送 : Shiftキーを押しながらメニュークリック

特徴
■全般
・ダブルプッシュ(同じキーを素早く2連打)でのメニュー表示に対応。
・Windows 標準のコンテキストメニューを使用したシンプルな外観。
・使用中のアプリのフォーカスを維持したまま貼り付け可能(PAP風の挙動)。
・レジストリ不使用のため、インストール/アンインストール不要。
・32bit/64bit版同梱
・Unicode 対応

■クリップボード履歴
・約200kB~400kBまでのテキストを165個まで記録。
・呼び出した履歴は先頭に移動(Shiftキーにより移動させずに取り出し可能)。
・FIFO(先入れ先出し)での貼り付けが可能。

■定型文
・メニューはいくつでも作成でき、それぞれに異なるホットキーを設定可能。
・選択中の文字列や現在のクリップボードに対する各種の変換や修飾機能。
・外部ファイルの差し込みや追記機能(簡易メモ帳)。
・キーストロークの送信機能。
・各種コマンドをパイプ処理により連結させた複雑な処理が可能。

インストール メモ
ダウンロードするとzipファイルになっていますので、解凍後、インストールする必要は有りません。32bit版と64bit版のEXEが入っています。

対応OS
Windows XP/7/8/10 (32bit/64bit)

・ダウンロードサイト
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se512783.html


Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です