Windows 10 Mobile搭載スマートフォン一覧

日本HPが、auのVoLTEに対応したWindows 10 Mobile搭載スマートフォン「HP Elite x3」を発表し、法人向けに9月5日より販売を開始

日本HPが、auのVoLTEに対応したWindows 10 Mobile搭載スマートフォン「HP Elite x3」を発表し、法人向けに9月5日より販売開始。 販売価格は77,800円(税抜)から。 2016年9月5日より、KDDIが、法人向けに日本HPのWindows 10 Mobile搭載スマートフォン「HP Elite x3」の取り扱いを開始します。

マウスコンピューターが、Continuumに対応した「Windows 10 Mobile」搭載の6インチスマホ「MADOSMA Q601」を7月28日に発売

去年の暮れに5インチの「MADOSMA Q501A」がリリースしています。 「Windows 10 Mobile」の場合、パソコンを販売してる会社が」スマホを作っています。 ちょっと気になるのが、Continuum(ワイヤレスのみ)に対応していることです。 メモリも3GB、CPUも処理能力の高いものですので、Continuum機能を使うときに、非力でなければ「OK」ですね。

ヤマダ電機が、Windows 10 Mobile搭載のSIMフリースマートフォン「EveryPhone」を11月28日に発売すると発表

プラスワン・マーケティングが、Windows 10 Mobileを搭載したスマホ「KATANA(カタナ)01」を1万2800円で、2015年11月25日に先行販売開始しますが、ヤマダ電機独自で開発した機種「EveryPhone」は、スペック的にミドルクラスの性能です。 価格が3万9800円(税別)しますので、「Windows 10 Mobile」の主要機能 「Continuum(コンティニュアム)」に対応しているのかどうか?です。 不明です。

Windows 10 Mobileの「Continuum(コンティニュアム)」機能を使えば、Windowsスマートフォンが、パソコン本体になる時代がやってくる。

「Continuum」機能とは、Windows 10を補助するソフトウェアツールで、ユーザーが使用しているデバイスの種類を検知し、そのデバイスに合わせた設定をOSが自ら行えるようにする機能です。 AppleのiOS 8からの「Continuity」という考え方とちょっと違います。

Microsoft社の「Windows Phone」が、生き残る道は、1つしかない?。

「Windows 10スマホ」でMicrosoftの逆襲始まる?。。などと言う記事も見かけますが、決して「逆襲」では、ありません。。。。。スマホの土俵にも上がっていませんので。。。 スマホとしてのシェアを奪うのは、ほぼ無理なんですって。。。。さて、その理由は。