「 発達障害 」一覧

【書籍紹介】虐待された少年はなぜ、事件を起こしたのか

【書籍紹介】虐待された少年はなぜ、事件を起こしたのか

本日の書籍紹介は、「虐待された少年はなぜ、事件を起こしたのか」です。 石井 光太 (著) 最近、芸能人の女性が、年下の夫に「子供が欲しい」との理由で離婚...

記事を読む

【書籍紹介】 自閉症という知性  池上 英子 (著)

【書籍紹介】 自閉症という知性  池上 英子 (著)

本日の書籍紹介は、「自閉症という知性」(NHK出版新書) 池上 英子 (著) です。 発達障害に関する書籍は、たくさんあるのですが、特に「自閉症」について、別...

記事を読む

福井大学が、ADHDの脳構造の特徴を人工知能(AI)により解明し、遺伝子多型の影響を発見

福井大学が、ADHDの脳構造の特徴を人工知能(AI)により解明し、遺伝子多型の影響を発見

2018年12月3日、 福井大学の「子どものこころの発達研究センター」が、論文タイトル:「人工知能(機械学習)によるADHDの遺伝要因と脳構造との関連を解明」...

記事を読む

【興味深い研究】「自閉症の現れ方は男女で異なる。隠している人ほど精神的な問題が」

【興味深い研究】「自閉症の現れ方は男女で異なる。隠している人ほど精神的な問題が」

本日は、以前からずーっと気になっていたことをお話します。 発達障害、特にASD(自閉症スペクトラム障害)とADHD(注意欠陥・多動性障害)について、数十冊...

記事を読む

【書籍紹介】「カサンドラ症候群」 身近な人がアスペルガーだったら    岡田 尊司 (著)

【書籍紹介】「カサンドラ症候群」 身近な人がアスペルガーだったら 岡田 尊司 (著)

本日の書籍紹介は、「カサンドラ症候群」 身近な人がアスペルガーだったら  岡田 尊司 (著) です。 岡田先生なら、いつか出すと思っていたこの題材の書籍が...

記事を読む

【重要記事:精神医療の現状について】成人のASD・ADHDの診断は、幼少期の状況などの丁寧な聴取が必要

【重要記事:精神医療の現状について】成人のASD・ADHDの診断は、幼少期の状況などの丁寧な聴取が必要

本日の重要記事は、精神医療の現状について、2018年6月に名古屋で開催された第59回日本心身医学会総会ならびに学術講演会で、成人の発達障害について、北里大学精神...

記事を読む

【面白記事:重要】 “普通の子”たちがなぜ凶悪事件を…危ない親子関係の傾向

【面白記事:重要】 “普通の子”たちがなぜ凶悪事件を…危ない親子関係の傾向

本日の面白記事は、ちょっと最近続いている少年による凶悪事件について、分かりやすく説明している記事を2つ紹介します。 草薙厚子さんの記事2本です。 多くは無...

記事を読む

【書籍紹介】殺人に至る「病」 精神科医の臨床報告  岩波 明 (著)

【書籍紹介】殺人に至る「病」 精神科医の臨床報告  岩波 明 (著)

本日の書籍紹介は、殺人に至る「病」 精神科医の臨床報告です。 東海道新幹線で3名が無差別に殺傷される事件が起こり、気になっっていたところ、毎日ゆく書店の平...

記事を読む

新幹線殺傷事件についてと、国民の「無知」さが、偏見を生む。

新幹線殺傷事件についてと、国民の「無知」さが、偏見を生む。

2018年6月9日夜、 東海道新幹線で3名が無差別に殺傷される事件が起こったが、6月10日朝に毎日新聞のデジタル版が「新幹線殺傷:容疑者自閉症? 旅に出る」と...

記事を読む

【書籍紹介】「自閉症の世界」 多様性に満ちた内面の真実

【書籍紹介】「自閉症の世界」 多様性に満ちた内面の真実

本日の書籍紹介は、「自閉症の世界」 多様性に満ちた内面の真実 自閉症は、知的障害ではなく、精神疾患でもなく、感じ方や考え方が、脳内のネットワークの伝達経路が何...

記事を読む

【書籍紹介】 「発達障害」と言いたがる人たち (香山 リカ著)

【書籍紹介】 「発達障害」と言いたがる人たち (香山 リカ著)

本日の書籍紹介は、「発達障害と言いたがる人たち」(香山 リカ 著)です。 先日、購入した「自閉症の世界」を読んでいる途中に、三省堂書店で平積みしてある新書...

記事を読む

【書籍紹介】 発達障害と少年犯罪 (新潮新書)    田淵俊彦、NNNドキュメント取材班 (著)

【書籍紹介】 発達障害と少年犯罪 (新潮新書)  田淵俊彦、NNNドキュメント取材班 (著)

本日の書籍紹介は、発達障害と少年犯罪 (新潮新書)  田淵俊彦(著) NNNドキュメント取材班 (著)  2018年5月20日 発行。 本書は、2016年...

記事を読む

スポンサーリンク