天体シュミレーター一覧

国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクトが、3D天体シミュレーター「Mitaka」の最新版v1.4.3をリリース

「Mitaka」とは、 国立天文台 4次元デジタル宇宙プロジェクトで開発している、 天文学の様々な観測データや理論的モデルを見るためのソフトウェアです。 これまで多くの要望が出ていた「星座絵」が追加され、星座絵とともに星空をお楽しむことが出来るようになりました。 また、マルチウィンドウ表示機能も実装され、1台のPCから複数の映像出力が可能になりました。

国立天文台 4次元デジタル宇宙プロジェクトが、Mitaka Ver1.4.2とVR対応版 Mitaka for VR Ver1.4.2 を公開

Mitaka は、 国立天文台 4次元デジタル宇宙プロジェクトで開発している、 天文学の様々な観測データや理論的モデルを見るためのソフトウェアです。 地球から宇宙の大規模構造までを自由に移動して、 宇宙の様々な構造や天体の位置を見ることができます。

アメリカ航空宇宙局(NASA)が、太陽系に類似し、生命存在の可能性がある、恒星「TRAPPIST-1」の周りを公転する7つの惑星を含む惑星系の存在を発表

アメリカ航空宇宙局(NASA)が、太陽系に類似し、生命存在の可能性がある、地球から約40光年に位置する恒星(赤色矮星)「TRAPPIST-1(トラピスト1)」の周りを公転する7つの惑星を含む惑星系の存在を発表した。

Microsoft社の天体観測できる「WorldWide Telescope」について

「WorldWide Telescope」は、同社の研究機関であるMicrosoft Researchが開発したサービスで、「Visual Experience Engine」技術を採用することでリアルな宇宙を再現しています。 ハッブル宇宙望遠鏡やチャンドラX線天文台センター、スローン・デジタル・スカイサーベイなどの望遠鏡からの画像も閲覧できます。