インターネット回線一覧

工事不要の据え置き型ホームルーターを導入するなら「SoftBank Air」、「UQのSpeed Wi-Fi HOME L01」のどっちが良い?

モバイルタイプのWiFiルーターは、以前からありますが、据え置き型ホームルーターは、2015年の初め頃、ソフトバンクが、「SoftBank Air」を出したのが初めてではないでしょうか。 工事をしないで、本体の電源コードをコンセントにさせばインターネットに接続できるという最大のメリットは存在します

サンワサプライが、ケーブルが伸び縮みするカールコードタイプのLANケーブル「KB-Y5CC-xBKシリーズ」を発売

有線でネットワークケーブルを張る場合、ちょっと長めのケーブルを購入してしまうのですが、いざ接続すると余ってしまい、きれいに配線しようとしても、余りのケーブルを結束したり処理しているうちに、きれいに配線するのが結構面倒ですが、この様なケーブルですと助かります。

UQコミュニケーションズが、WiMAX 2+対応の据置型ホームルーター「URoad-Home2+」を発売

ソフトバンクBBが、2014年12月12日より、宅内機器を設置するだけで回線工事等を行うこともなく、すぐに接続できる、使い放題の高速インターネットサービス「SoftBank Air」の提供をそっと開始していますが、UQコミュニケーションズもモバイル無線LANルーターではなく、初めて据え置き型のホームルーターをリリースしてきました。

ソフトバンクが、工事不要! 置くだけで使い放題のインターネットに繫がる「SoftBank Air」の提供を開始すると発表

ソフトバンクBBが、12月12日(金)より、宅内機器を設置するだけで、回線工事等を行うこともなく、すぐに接続できる、使い放題の高速インターネットサービス「SoftBank Air」の提供を開始すると発表しました。