ドライブレコーダー一覧

サンコーが、オートバイ専用ドライブレコーダーのエントリーモデル「バイク、スクーター用前後撮影ドライブレコーダー(MTSGYUT7)」を発売

たとえ、バイク仕様でも、2つのカメラが付いていて、前後を同時に撮影できるオートバイ用の2.7インチ液晶モニター付きドライブレコーダーです。 オートバイのACC電源に接続することで、キーを回すと自動で録画が開始されるようになっている。 私がバイクに乗っていた頃は、こんな良いものはありませんでしたが、今は、バイクなどは、標準で付いていたほうが良いように思います。

ドライブレコーダーを搭載する必要があると考えるドライバーへ 失敗しない選び方

2017年6月、東名高速道路で子ども2人を残し夫婦2人が亡くなった事故(事件)は、逮捕された容疑者の異常な行動(運転ぶり)が次々に報道されています。 世の中の車にドライブレコーダーが標準装備されていたら、日常的に、頭の配線のおかしい奴の所業が、もっと、浮き出てくるでしょう。

上海問屋が、信号機のLEDの色が消えずに録画できる「小型ドライブレコーダー」を発売しました。

信号機のLEDは東日本と西日本で点滅速度が異なりますが、周波数と重なると映像では、LEDの赤や青の色が消えた状態で記録されてしまいます。 それを避けるために東日本で30fps/60fps、西日本で27.5fps/45fpsと、ドライブレコーダーのフレームレートを選べる仕様になっています。

エレコムが、Wi-Fiでスマホから映像を確認できるドライブレコーダー「LVR-SD310HWG」ほか2種類を発表しました。

事故が発生した時、大抵は、保険屋に任せますが、過去に理不尽な、損害率を言われることがありましたが、このようなドライブレコーダーを装備していれば、どっちが、どうなのかをちゃんと判定する有効な情報になるんなら、1台付けて置いても無駄では無いと思うのですが。