「 13.書籍紹介 」一覧

【書籍紹介】 2018年夏休み まとめて読んでおきたい書籍

【書籍紹介】 2018年夏休み まとめて読んでおきたい書籍

本日の書籍紹介は、2018年夏休み 暑すぎる異常気象が続いていますが、もう少しでお盆休みになります。 帰省もせず、都会で、まとまった夏休みを過ごす方にお薦め、読...

【書籍紹介】 不倫 中野 信子 (著)

【書籍紹介】 不倫 中野 信子 (著)

本日の書籍紹介は、不倫 中野 信子 (著) 脳科学、認知科学が専門の「中野 信子」さんの著書は、下記の4冊、今回、5冊目となりますが、中々、面白い発想をす...

【書籍紹介】福岡ハカセの「ツチハンミョウのギャンブル」 福岡 伸一(著)です。

【書籍紹介】福岡ハカセの「ツチハンミョウのギャンブル」 福岡 伸一(著)です。

本日の書籍紹介は、福岡ハカセの「ツチハンミョウのギャンブル」 福岡 伸一(著)です。 最近、人間の「脳」に関する書籍を多く紹介したような気がしますが、本日...

【書籍紹介】 「もうひとつの脳」 ニューロンを支配する陰の主役「グリア細胞」

【書籍紹介】 「もうひとつの脳」 ニューロンを支配する陰の主役「グリア細胞」

本日の書籍紹介は、「もうひとつの脳」 ニューロンを支配する陰の主役「グリア細胞」 今まで、脳の機能に関係する、人類学上の脳の発達、脳神経学、脳の障害に関する書...

【書籍紹介】 暴力の人類史  スティーブン・ピンカー (著)

【書籍紹介】 暴力の人類史  スティーブン・ピンカー (著)

本日の書籍紹介は、「暴力の人類史」です。 連休も、残すところ、あと1日と半分になってしまいましたが、どこにも行かなかった人ならまだ間に合います。 書籍など...

【書籍紹介】「悪と全体主義」―ハンナ・アーレントから考える 仲正 昌樹(著)

【書籍紹介】「悪と全体主義」―ハンナ・アーレントから考える 仲正 昌樹(著)

本日の書籍紹介は、「悪と全体主義」―ハンナ・アーレントから考える 仲正 昌樹(著)です。 ---- 目 次 ---- 序 章 『全体...

【書籍紹介】『利己的な遺伝子』  リチャード・ドーキンス著

【書籍紹介】『利己的な遺伝子』  リチャード・ドーキンス著

本日の書籍紹介は、『利己的な遺伝子』 リチャード・ドーキンス著です。 現在、丁度、紀伊国屋書店で、40周年記念版が出版されていますが、私の所有している版は...

【書籍紹介】 歴史と戦争 半藤一利 著

【書籍紹介】 歴史と戦争 半藤一利 著

本日の書籍紹介は、「歴史と戦争」 半藤一利 著 です。 明治、大正、昭和の歴史を勉強する上で、欠かせないのが、 半藤 一利氏の「昭和史」上下、「ノモンハンの夏...

【書籍紹介】「毒親」の正体 ―精神科医の診察室から   水島広子(著)

【書籍紹介】「毒親」の正体 ―精神科医の診察室から 水島広子(著)

本日の書籍紹介は、「毒親」の正体 ―精神科医の診察室から  水島広子(著) 「毒親」と云う親が発生・成長してしまう精神医学的事情は、下記の4つのパターンが...

オトバンクが、オーディオブック配信サービス「FeBe」を全面リニューアルし、新サービス「audiobook.jp」として提供開始すると発表

オトバンクが、オーディオブック配信サービス「FeBe」を全面リニューアルし、新サービス「audiobook.jp」として提供開始すると発表

2018年3月19日、 オトバンクが、オーディオブック配信サービス「FeBe」を全面リニューアルし、新サービス「audiobook.jp」として提供開始すると...

【書籍紹介】 「第三のチンパンジー」 ジャレド・ダイアモンド (著)

【書籍紹介】 「第三のチンパンジー」 ジャレド・ダイアモンド (著)

本日の書籍は、 若い読者のための「第三のチンパンジー」: 人間という動物の進化と未来です。 NHK Eテレで放映中の「ヒトの秘密」に出てくる進化生物学者...

【書籍紹介】「脳の誕生」 大隅 典子 (著) です。

【書籍紹介】「脳の誕生」 大隅 典子 (著) です。

本日の書籍紹介は、「脳の誕生」 大隅 典子 (著) です。 今まで、脳の機能に関係する、人類学上の脳の発達、脳神経学、発達障害・人格障害(パーソナリティ)...

スポンサーリンク