「 13.書籍紹介 」一覧

【書籍紹介】「カサンドラ症候群」 身近な人がアスペルガーだったら    岡田 尊司 (著)

【書籍紹介】「カサンドラ症候群」 身近な人がアスペルガーだったら 岡田 尊司 (著)

本日の書籍紹介は、「カサンドラ症候群」 身近な人がアスペルガーだったら  岡田 尊司 (著) です。 岡田先生なら、いつか出すと思っていたこの題材の書籍が...

記事を読む

【書籍紹介】「神は、脳がつくった」 200万年の人類史と脳科学で解読する神と宗教の起源

【書籍紹介】「神は、脳がつくった」 200万年の人類史と脳科学で解読する神と宗教の起源

2018年10月7日、 本日の書籍紹介は、「神は、脳がつくった」 200万年の人類史と脳科学で解読する神と宗教の起源 E.フラー・トリー (著) まず始...

記事を読む

【書籍紹介】人工知能はなぜ椅子に座れないのか: 情報化社会における「知」と「生命」 (新潮選書)

【書籍紹介】人工知能はなぜ椅子に座れないのか: 情報化社会における「知」と「生命」 (新潮選書)

本日の書籍紹介は、 人工知能はなぜ椅子に座れないのか: 情報化社会における「知」と「生命」 (新潮選書) 初め、人工知能の説明の書籍か。。。と思っていま...

記事を読む

【書籍紹介】未来を読む  AIと格差は世界を滅ぼすか

【書籍紹介】未来を読む  AIと格差は世界を滅ぼすか

本日の書籍紹介は、「未来を読む」  AIと格差は世界を滅ぼすか (PHP新書) 私の能力では、現状は少し読めても、未来は読めません。 でもこの書籍には、そ...

記事を読む

【書籍紹介】「人類と気候の10万年史」  著者 : 中川毅

【書籍紹介】「人類と気候の10万年史」  著者 : 中川毅

本日の書籍紹介は、「人類と気候の10万年史」過去に何が起きたのか、これから何が起こるのか  著者 : 中川毅 です。 去年の2月に発売された書籍ですが、ど...

記事を読む

Men’s JOKER LIFE(Vol3) 2018年 09 月号 メンズジョーカー 増刊号を年甲斐も無く、衝動買いしてしまいました

Men’s JOKER LIFE(Vol3) 2018年 09 月号 メンズジョーカー 増刊号を年甲斐も無く、衝動買いしてしまいました

2018年8月31日、 Men's JOKER LIFE(Vol3) 2018年 09 月号 メンズジョーカー 増刊号を年甲斐も無く、衝動買いをしてしまいまし...

記事を読む

【書籍紹介】 2018年夏休み まとめて読んでおきたい書籍

【書籍紹介】 2018年夏休み まとめて読んでおきたい書籍

本日の書籍紹介は、2018年夏休み 暑すぎる異常気象が続いていますが、もう少しでお盆休みになります。 帰省もせず、都会で、まとまった夏休みを過ごす方にお薦め、読...

記事を読む

【書籍紹介】 不倫 中野 信子 (著)

【書籍紹介】 不倫 中野 信子 (著)

本日の書籍紹介は、不倫 中野 信子 (著) 脳科学、認知科学が専門の「中野 信子」さんの著書は、下記の4冊、今回、5冊目となりますが、中々、面白い発想をす...

記事を読む

【書籍紹介】福岡ハカセの「ツチハンミョウのギャンブル」 福岡 伸一(著)です。

【書籍紹介】福岡ハカセの「ツチハンミョウのギャンブル」 福岡 伸一(著)です。

本日の書籍紹介は、福岡ハカセの「ツチハンミョウのギャンブル」 福岡 伸一(著)です。 最近、人間の「脳」に関する書籍を多く紹介したような気がしますが、本日...

記事を読む

【書籍紹介】 「もうひとつの脳」 ニューロンを支配する陰の主役「グリア細胞」

【書籍紹介】 「もうひとつの脳」 ニューロンを支配する陰の主役「グリア細胞」

本日の書籍紹介は、「もうひとつの脳」 ニューロンを支配する陰の主役「グリア細胞」 今まで、脳の機能に関係する、人類学上の脳の発達、脳神経学、脳の障害に関する書...

記事を読む

【書籍紹介】 暴力の人類史  スティーブン・ピンカー (著)

【書籍紹介】 暴力の人類史  スティーブン・ピンカー (著)

本日の書籍紹介は、「暴力の人類史」です。 連休も、残すところ、あと1日と半分になってしまいましたが、どこにも行かなかった人ならまだ間に合います。 書籍など...

記事を読む

【書籍紹介】「悪と全体主義」―ハンナ・アーレントから考える 仲正 昌樹(著)

【書籍紹介】「悪と全体主義」―ハンナ・アーレントから考える 仲正 昌樹(著)

本日の書籍紹介は、「悪と全体主義」―ハンナ・アーレントから考える 仲正 昌樹(著)です。 ---- 目 次 ---- 序 章 『全体...

記事を読む

スポンサーリンク