「 脳科学 」一覧

【書籍紹介】「脳の誕生」 大隅 典子 (著) です。

【書籍紹介】「脳の誕生」 大隅 典子 (著) です。

本日の書籍紹介は、「脳の誕生」 大隅 典子 (著) です。 今まで、脳の機能に関係する、人類学上の脳の発達、脳神経学、発達障害・人格障害(パーソナリティ)...

【書籍紹介】2017年 冬休み 読んでおきたい「脳」に関する書籍6冊です。

【書籍紹介】2017年 冬休み 読んでおきたい「脳」に関する書籍6冊です。

【書籍紹介】 2017年 冬休み 読んでおきたい「脳」に関する書籍6冊です。 いよいよ、「卒業」まじかの学生さんは、内定も取れて最後の冬休みに突入します。...

【書籍紹介】脳の意識 機械の意識 – 脳神経科学の挑戦 (中公新書)

【書籍紹介】脳の意識 機械の意識 – 脳神経科学の挑戦 (中公新書)

「脳の意識 機械の意識」 - 脳神経科学の挑戦 (中公新書)  渡辺 正峰 (著) この書籍を読んで、一番感じることは、人間の脳は、同じものなど、一つもな...

10月7日(土)夜9時から放送した「衝撃スクープSP 30年目の真実~東京・埼玉連続幼女誘拐殺人犯 ~宮崎勤の肉声~」(フジテレビ系)を観てしまいましたがちょっと感想を

10月7日(土)夜9時から放送した「衝撃スクープSP 30年目の真実~東京・埼玉連続幼女誘拐殺人犯 ~宮崎勤の肉声~」(フジテレビ系)を観てしまいましたがちょっと感想を

10月7日(土)夜9時から放送した「衝撃スクープSP 30年目の真実~東京・埼玉連続幼女誘拐殺人犯 ~宮崎勤の肉声~」(フジテレビ系)を観てしまいましたが、ちょ...

【書籍紹介】 ヒトは「いじめ」をやめられない  中野 信子 (著)

【書籍紹介】 ヒトは「いじめ」をやめられない  中野 信子 (著)

本日は、 ”ヒトは「いじめ」をやめられない”  中野 信子 (著) 脳科学者、中野 信子さんの最新著書です。 さらっと、2,3時間で読めてしまう、約...

【書籍紹介】子どもの脳を傷つける親たち

【書籍紹介】子どもの脳を傷つける親たち

【書籍紹介】子どもの脳を傷つける親たち 今日の書籍紹介は、「子どもの脳を傷つける親たち」 脳研究に取り組む福井大学の小児精神科医 友田 明美先生 著 で...

【ちょっと、この記事が面白い】日本人はなぜ「男脳・女脳」に固執するのか 「LGBTQ」の時代がやってきた!Qって何?  LGBTQの最後の「Q」ってなんでしょうか?

【ちょっと、この記事が面白い】日本人はなぜ「男脳・女脳」に固執するのか 「LGBTQ」の時代がやってきた!Qって何? LGBTQの最後の「Q」ってなんでしょうか?

【ちょっと、この記事が面白い】 日本人はなぜ「男脳・女脳」に固執するのか 「LGBTQ」の時代がやってきた!Qって何? LGBTQの最後の「Q」ってなん...

【ちょっと、この記事が面白い】ミツバチにもアスペルガーが?社会性に乏しいミツバチに人間の自閉スペクトラム症に似た遺伝症状を確認(米研究)

【ちょっと、この記事が面白い】ミツバチにもアスペルガーが?社会性に乏しいミツバチに人間の自閉スペクトラム症に似た遺伝症状を確認(米研究)

ミツバチにもアスペルガーが?社会性に乏しいミツバチに人間の自閉スペクトラム症に似た遺伝症状を確認(米研究)  ちょっと、この記事が面白い Sponsore...

「記憶を思い出すための神経回路を発見」 脳の謎についての研究成果です。

「記憶を思い出すための神経回路を発見」 脳の謎についての研究成果です。

2017年8月18日、 理化学研究所は、脳科学総合研究センターの利根川進センター長、ディラージ・ロイ大学院生らの共同研究チームが、マウス脳の海馬支脚を経由する...

【書籍紹介】 つながる脳科学  「心のしくみ」に迫る脳研究の最前線

【書籍紹介】 つながる脳科学  「心のしくみ」に迫る脳研究の最前線

つながる脳科学  「心のしくみ」に迫る脳研究の最前線 理化学研究所 脳科学総合研究センター 編 今まで、脳科学、脳神経学、神経犯罪学、遺伝子工学、腸...

【映画紹介】「ゴースト・イン・ザ・シェル(Ghost in the Shell)」を観てきました。

【映画紹介】「ゴースト・イン・ザ・シェル(Ghost in the Shell)」を観てきました。

映画「ゴースト・イン・ザ・シェル(Ghost in the Shell)」を観てきました。 この映画は、士郎正宗氏による漫画作品『攻殻機動隊』が原作で、ア...

【書籍紹介】「暴力の解剖学」 貴方の近くにも「脳」が機能不全を起こしている「怪物」が潜んでいないとは限らない。

【書籍紹介】「暴力の解剖学」 貴方の近くにも「脳」が機能不全を起こしている「怪物」が潜んでいないとは限らない。

「暴力の解剖学 - 神経犯罪学への招待」  著者:エイドリアン・レイン 実はこの書籍、1年くらい前に購入して、一度は読んだのですが、2017年3月26日に...

スポンサーリンク