大型アップデート一覧

Microsoft社が「Windows 10 November 2019 Update」を一般公開。

今回からは、若干、意味合いが異なるものとなっている様です。 具体的には、Enterprise版の「Windows 10」では秋のアップデートでのサポート期間を30ヵ月に延長(HomeやPro版では18ヵ月のまま)されていますし、新機能の追加よりも比較的小規模な改良や品質向上が中心で、扱いも従来の「機能更新プログラム」ではなく、「品質更新プログラム」になっています。

Microsoftが公開した「Windows 10 May 2019 Update」以降のupdateエクスペリエンスの制御性、品質、透明性の向上について

いよいよ、年2回の内、春のアップデートがロールアウトするタイミングが来ましたが、最近多く発生しているUpdate時の不具合に対処するために、アップデートの方法を色々と変えてきています。

Microsoftが、「Windows 10」の2018年春の大型アップデート(Redstone 4) を2018年4月30日にリリースすると発表

正式名称(マーケティング名)は、「Spring Creators Update」ではなく、「Windows 10 April 2018 Update」になっっています。 どうでもいいが。。。 4月30日のリリースは、いち早く最終版を使うことを優先するアーリーアダプター向けのダウンロード・サイトを通じたアップデート提供の開始ですので、一般ユーザー向けに「Windows Update」を通じたアップデートの提供を開始するのは、5月8日からになる予定。

この春に配信されるWindows 10次期大型アップデート「Redstone 4(RS4、1803)」とWindows 10 のバージョン一覧

Microsoftは、Windows 10の大型アップデートの周期を年2回(3月頃と9月頃)としていますが、殆どのユーザーは、この年2回の大型アップデートがある事など、全然知りません。 普段、小さなアップデートが入っている事さえ、Windows10から自動でアップデートを実施するようになり、認識さえできていません。 私の場合、家のデスクトップパソコンは、低速回線、テザリング等ででインターネットに接続していますので、自動でアップデートされないように対策をしています。

「Windows 10」の自動アップデートが「うっとうしい」場合の対処方法、色々。

なんせ、自動でアップデートのダウンロードが始まってしまいますので、始末が悪い。しかも、デカいアップデートもあれば、すぐ終わる様な、再起動の必要のないアップデートもあります。この自動というところが、なんともうっとうしいのですが、これは、わけの分かんないユーザーが、いつまでもアップデートかけないのを防ぐために、Microsoft社が、仕方なく、強制的にアップデートをかけるようにしたのです。 恨むなら、この「わけの分かんないユーザー」を恨んだほうが良いでしょう。

今春、リリース予定の「Windows 10」の次期機能アップデート(Redstone 4)情報について

「Windows 10」がリリースしてから、4回目の大型アップデートがもうじきやってきます。 大型アップデートの存在を知っているユーザーは少ないですし、まして、タイミングが4月、10月と年2回あるという事さえも知りません。 このめんどくさい、更新作業が、年に2回あることだけは認識しておいた方が良いと思います。 ちょっと気になる機能だけ、まとめて紹介します。

デスクトップ機の「Windows 10」で、スマホの「テザリング」機能で、自動実行される「Windows Update」などをすると、ネット回線のスピードが遅い場合、自動実行される「Windows Update」が途中で失敗してしまう。

実は、上記の方法で、自宅のインターネット回線の契約を止めて、格安SIMの入ったスマホとタブレットのテザリングを使用して、家のデスクトップパソコン(Windows 10)をネット接続できるようにしています。 ここまでは良いのですが、「Windows 10」はネットにつながると、自動的にネットに接続して、勝手に通信を実行します。 すると、ユーザーが任意で指定したダウンロードまで、ただでさえ速度が遅いのに、そちらの方にデータ通信が取られて、いつまでたっても自分で指定したダウンロードが終了しません。ブラウジングも、ページ開くのが極端に遅くなります。 ですので、自動的にネットに接続して、「Windows 10」が。勝手に通信を実行しないようにする方法がないか探してみました。

世の中が、どんなに進んでも、地球100周以上、周回遅れの人間で溢れています。「Windows 10」の厄介さ まとめ

今年は、当ブログサイトでも、何度も、「Windows 10」の厄介さを何とかするべく、色々なフリーソフトを紹介してきましたが、正直、ちょっと疲れてしまいますね。 来年も、まだ、延々と続くのでしょうが、どんな状況になっているか、記載します。