NTTドコモが、中古端末におけるSIMロック解除の受付条件を変更すると発表しました。

2019年2月15日、
NTTドコモが、中古端末におけるSIMロック解除の受付条件を変更すると発表しました。

他の土管屋より、一足早く、2019年2月20日(水曜)からSIMロック解除の受付条件を以下のとおり一部変更すると発表しました。

■変更対象となる携帯電話機および受付条件

変更対象となる携帯電話機 変更後の受付条件
知人・友人などから譲り受けた携帯電話機 SIMロック解除のお手続きが可能です。
中古端末販売店などで購入した中古の携帯電話機

中古ショップで購入したスマホ端末、知人・友人から譲り受けた中古端末についても、SIMロックの解除に応じるようになります。このため、中古で購入したドコモ版の対応iPhoneについても、SIMロックを解除すれば、格安SIMや、他のクソ「キャリア」の回線でも端末を使えるようになります。

総務省が義務化
2019年9月1日以降、中古ショップなどで購入した中古端末のSIMロック解除に応じるよう、携帯3社に義務付けています。

ドコモだけ早くも、中古端末の「SIMロック解除」に応じるようになりましたが、他の土管屋(キャリア)は、まだ渋っています。

今年の10月すぎには、「楽天」もキャリアの仲間に入りますので、値段次第ですが、大きく変わる要素もあります。

ユーザーの階層によっては、大きく、動くような気がします。 まずは、中古端末市場が動けばいいですね。

いずれにしても、友達、知人から譲り受けた端末を好きな通信会社のSIMで使えるようになるのは、「良いこと」と云うより、当たり前のことですので、「クソキャリアのかけた縛りを解いて」やっと通常に戻ったというところですか。

受付条件・対応機種の詳細については、SIMロック解除の手続きにて今後、案内するようです。


Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする