【書籍紹介】 「言ってはいけない」 シリーズ2冊 不都合な真実

本日の書籍紹介は、「言ってはいけない」橘 玲 (著) シリーズ2冊です。

日本人のおよそ3分の1は日本語が読めない。

この事実(ファクト)は、自分が今、訪問している会社でも、ほぼ言える事で、そんな「頭」の人間がいかに多いか、如何せん多勢に無勢ですので、「自分の脳がいかに性能が低い」かが、認識できていないので、本当に始末が悪いのです。

人生、100歳時代と言われてきていますが、学校を卒業後「勉強」もしないから、一生、死ぬまで「低脳」のままなのです。

なに、「AI」が不安だと?
「AI」は仕事を奪わない。 一生、「AI」にこき使われる労働者になればいいだけです。

1.政府の主導する「働き方改革」など、何を言っているのか、意味不明です。

世の中、「低脳」だらけなのに、「働き方改革」など、出来るわけが無いのです。

AIが進歩してきている中で、「知識社会」というのは、定義上、「言語運用能力」や「数学・論理的能力」に秀でた者が大きなアドバンテージを持つ社会のことで、それで仕事ができるのだが、現状オフィスワークに必要なスキルに達しない労働者がミスマッチ状態で求職して就労している場合も多数ある。

大企業なら試験などで選抜するが、中小企業の大部分は、入社試験もしないから、後から大変なことになるのです。「生産性の低い」労働者が出来上がってしまうのが現実です。

先進国の学習到達度調査PISA(ピサ)はその順位が大きく報じられることもあってよく知られているが、PIAAC(ピアック)はその大人版で、16歳から65歳の成人を対象として、仕事に必要な「読解力」「数的思考力」「ITを活用した問題解決能力(ITスキル)」を測定する国際調査だ。OECD(経済協力開発機構)加盟の先進国を中心に24カ国・地域の約15万7000人を対象に実施され、日本では「国際成人力調査」として2013年にその結果の概要がまとめられた。

「国際成人力調査」の結果概要

(1)日本人のおよそ3分の1は日本語が読めない。

(2)日本人の3分の1以上が小学校3~4年生以下の数的思考力しかない。

(3)パソコンを使った基本的な仕事ができる日本人は1割以下しかいない。

(4)65歳以下の日本の労働力人口のうち、3人に1人がそもそもパソコンを使えない。

ほとんどのひとは、これをなにかの冗談だと思うだろう。

だが、これは事実(ファクト)だ。

参考:文春オンライン

日本人の3割は、むかしから「教科書が読めない子どもたち」だった。そんな中高生が長じて「日本語が読めない大人」になる連鎖が続いているのです。

「義務教育」レベルで、日本は問題がある様に思います。

2.「国際成人力調査」の結果概要について

1)日本人のおよそ3分の1は日本語が読めない。

これは、日本人が「文字」が読めないのではなく、書いてある内容を正確に認識できないという事だろう。 だから、長文を読まないのではなく、読んでも頭の中で、整理して理解できる能力が無いので読まないのだろう。

「マンガ」レベルの内容しか理解できないのです。

具体的にいえば、「読解力」がないのです。

確かめるのは簡単です。大学入試の国語の問題をやってみればすぐに分かります。「読解力」系の問題を解いても、3割も正解しないでしょう。

日本の若い連中は、書籍を読まない、いやいや、大人も書籍なんて、ほぼ読まない、読んでも内容を理解できなければ、面白くないでしょうから、読まないでしょう。

本を読んでも、漫画しか読まないガキや大人が多すぎるのです。30歳過ぎても、漫画しか読まない奴は、腐るほどいる。

大人になっても、長文を読んでも理解できないから、書籍などを一切読まないのです。

子どもたちが、危機的状態だが、子供を養育している「親」自体が、本も読まないアホですので、子供に教えることさえ、ままならない。

知能も連鎖するが、「低脳」も親子代々、連鎖する。

参考図書
AI vs. 教科書が読めない子どもたち

2)日本人の3分の1以上が小学校3~4年生以下の数的思考力しかない。

数的思考力は「基礎的な計算、50%のようなおおまかな割合、単純なグラフがわかる」とされている。

これも、データを分類して集計、分析したりする能力ですが、表作成も手書きでクリエイトできない奴は、いつまでたってもExcelなどを活用できる訳が無いのです。

3)パソコンを使った基本的な仕事ができる日本人は1割以下しかいない。

携帯電話の使い方、一つとっても明白でしょう。

精々、バカ、エロ動画を観るか、「バカゲーム」、SNS(承認欲求ごっこ)をして、暇つぶしするしか「能」の無い奴らばかりです。

電車の中を見れば一目瞭然です。8割は、スマホで暇つぶししかしていません。

パソコン教室に金を払って、WordやExcelを習う奴らが居るが、どだい、文章もクリエイトできない、表作成も手書きでクリエイトできない奴が、WordやExcelを習う意味が無い。

文章もクリエイトでき、表も手書きでクリエイトできる能力のある人は、別に、習いに行かなくても、使い方くらい、ネットで調べて、使いこなせるのです。

4)65歳以下の日本の労働力人口のうち、3人に1人がそもそもパソコンを使えない。

元々、若くても、パソコンも使いこなせないから、スマホを所有していても、使いこなせないし、単に「暇つぶしの道具(おもちゃ)」でしかない。

バカだから、利用料金の安い「MVNO」があっても、ユーザーは「笛吹けど踊らず」キャリアから移動すれば安くなるのに、未だに1割しないない。

総務省が、しょうがないので、「キャリアの料金を下げろ」と圧力をかける。。。。

別に、そのままで良いでしょう。バカは、高い利用料金を一生払っていれば良いだけです。

「不都合な真実」が沢山、記載されています。

■言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)

■もっと言ってはいけない (新潮新書)

出版社からのコメント

この社会は残酷で不愉快な真実に満ちている。
日本人の3人に1人は日本語が読めない」「日本人は世界一〝自己家畜化″された民族」「学力、年収、老後の生活まで遺伝が影響する」「男は極端、女は平均を好む」「言語が乏しいと保守化する」「日本が華僑に侵されない真相」「東アジアにうつ病が多い理由」「現代で幸福を感じにくい訳」……人気作家がタブーを明かしたベストセラー『言ってはいけない』がパワーアップして帰還!

関連記事
【書籍紹介】FACTFULNESS(ファクトフルネス) 賢い人ほど世界の真実を知らない
【書籍紹介】ちょいバカ戦略 ~ 意識低い系マーケティングのすすめ


Sponsored Links




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください