Microsoft社が、Windows 10の新大型アップデート「May 2019 Update (バージョン1903)」の提供を開始

2019年5月22日、
Microsoft社が、Windows 10の新大型アップデート「May 2019 Update (バージョン1903)」の提供を開始しました。

まだ、去年、提供開始されたVersion 1809も入れていません。年2回の大型アップデートとたかをくくっていましたが、更新プログラムに、大量にバグを盛り込んで来るので、うかつには更新したくありません。半年後で十分です。

透明性の向上:Windowsヘルスダッシュボード
透明性を高めるという当社の取り組みの一環として、 新しいWindowsリリースヘルスダッシュボード公開され、現在の展開状況と既知の問題(未解決および解決済み)について、機能と毎月の更新の両方にわたってタイムリーな情報を提供します。

今回のアップデートに関連し、Windows 10 HomeおよびProエディションのApril 2018 Update(バージョン1803)は、11月12日でサービスが終了する。

Windows 10 のバージョン履歴と予定

Windows 10 のバージョン履歴 提供日 Home、Pro
のサービスの終了
Windows 10 Version 1809 2018年11月13日 2020年5月12日
Windows 10 Version 1803 2018年4月30日 2019年11月12日
Windows 10 Version 1709 2017年10月17日 2019年4月9日

サポートされているのは、上の2つ(1803、1809)ですので。

追記
5月22日より、Version 1809の提供が開始されましたが、すでに既知の不具合が12件確認されている。「メディア作成ツール」などを利用した手動アップグレードを検討しているユーザーは、注意が必要です。

まだ、実施しない方が良いですね。 相変わらずの体たらくです。

Sponsored Links




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください