【書籍紹介】 残酷な進化論: なぜ私たちは「不完全」なのか  更科 功 (著)

本日の書籍紹介は、「残酷な進化論: なぜ私たちは「不完全」なのか」  更科 功 (著) です。
ベストセラー「絶滅の人類史」の著者「更科 功」先生の最新著書です。
著者の事を書籍を読む前か、後に調べるのですが、専門は分子古生物学なのですね。

分子生物学でしたら、「福岡 伸一」先生を思い出すのですが、分子古生物学とは?
「化石」から「古生物」の生き様や進化を解明する学問なのでしょうか。
今まで、人類学、分子生物学、腸内細菌などの内容の書籍を読んできていますので、あまり新鮮な感じはしないのですが、人類の進化の「不都合な真実」は、ちゃんと書かれているように思いますし、人類学など色々な分野の書籍の知識をまとめて書かれていますので、十数冊を1冊で読めると思えば、実に、お得ですよ!

「人類学」系の書籍を読んでしまう動機は、やはり、「自分は何者なんだろう?」と云う、疑問が最大の関心事になるのですが、現生人類は、さぞ、賢くなったのだろうか?

いやいや、「不都合な真実」を抱えながら、必死に、殺し合いを未だに続けています。
未だに「殺し合い」一つとっても止められないのが、ヒトなのです。 他の動物と何も変わらないのです。 自分たちが頂点だと思っていたら、思い上がりも甚だしいのです。

残酷な進化論

– 目 次 –
序章 なぜ私たちは生きているのか

第1部 ヒトは進化の頂点ではない
□第1章 心臓病になるように進化した
□第2章 鳥類や恐竜の肺にかなわない
□第3章 腎臓・尿と「存在の偉大な連鎖」
□第4章 ヒトと腸内細菌の微妙な関係
□第5章 いまも胃腸は進化している
□第6章 ヒトの眼はどれくらい「設計ミス」か

第2部 人類はいかにヒトになったか
□第7章 腰痛は人類の宿命だけれど
□第8章 ヒトはチンパンジーより「原始的」か
□第9章 自然淘汰と直立二足歩行
□第10章 人類が難産になった理由とは
□第11章 生存競争か、絶滅か
□第12章 一夫一婦制は絶対ではない

終章 なぜ私たちは死ぬのか
——————————————————–

現在、地球上には人類と言えば「ホモ・サピエンス」しかいません。 白人、黒人の人種の区別なんて関係ありません。オリジナルは「黒人」です。「白人」は突然変異でしょう。肌の色が違うだけで、たいして違いは無いのでが、差別が生まれます。

「ダイバーシティ」という考え方です。
現代に置いて最も興味深いのは「ホモ・サピエンス」には、「人種」、「ジェンダー」、「LGBT」の存在のみならず、脳神経ネットワークの違い、つまり「ニューロダイバーシティ」の問題もあります。

同じ、「ホモ・サピエンス」でさえ、国をまたぎ、「生物多様性」と同じように、「人類多様性」の世界が広がっています。 もう、「肌の色」の違いなんて、関係ないでしょう。

人類は、あと何年、繁栄し続けるのだろうか? 地球や太陽系宇宙の変動なら仕方ないが、自らのDNAに刻まれた運命に、生き残る為の本能のせいで、滅びる時がきっとくるような気がします。

自業自得の人類史」にならないようにしたいですね。

宇宙に同じような知的生命体が存在していて、地球人は「自業自得で絶滅した」と宇宙史に残るのかもしれません。 「宇宙史」に残るクズになるのだけは、避けたいと思うのですが。

関連記事
【書籍紹介】 「第三のチンパンジー」 ジャレド・ダイアモンド (著)
【書籍紹介】 ヒトの発達の謎を解く  明和 政子 (著)

【書籍紹介】絶滅の人類史―なぜ「私たち」が生き延びたのか
「人類の進化」に関係した、DNAの変異に関する不思議なお話です。

【書籍紹介】 動的平衡3  チャンスは準備された心にのみ降り立つ 福岡伸一著
【書籍紹介】「ダーウィンの覗き穴:性的器官はいかに進化したか」 

【書籍紹介】「地球46億年 気候大変動」 炭素循環で読み解く、地球気候の過去・現在・未来  横山 祐典 (著)
【書籍紹介】『利己的な遺伝子』  リチャード・ドーキンス著
【書籍紹介】人体 神秘の巨大ネットワーク 臓器たちは語り合う (NHK出版新書)


Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする