Microsoft社が、「Windows 10」のアップデート「Windows 10 May 2020 Update」(Ver.2004)を提供開始しましたが、恒例のごとく問題が多数発生している状態ですので、アップデートをしない方が良いのではと思います。

2020年5月27日、
Microsoft社が、「Windows 10」の次期機能アップデート「Windows 10 May 2020 Update」(「Ver.2004」)をメインストリームユーザーに提供開始しましたが、恒例のごとく問題が多数発生している状態ですので、アップデートをしない方が良いのではと思います。 

恒例のごとく、当たり前の様に、最近のMicrosoft社の開発の態勢に問題があります。

今回のアップデートはこれと云った新機能を盛り込んではいませんが、この体たらくです。

サポートページで明らかにされている問題は、周辺機器、Bluetooth、マウス入力、GPUドライバー、ディスプレイに影響を与えるバグについて、6月1日現在で10件の問題を調査中であると公開した。

・問題点の内容(サポート)
https://docs.microsoft.com/en-us/windows/release-information/status-windows-10-2004

Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする