2020年7月「Windows 10バージョン2004」向けのWindows “C”オプションリリース 更新プログラム「KB4568831」が利用可能になりました。

2020年7月31日、
2020年7月「Windows 10バージョン2004」向けのWindows “C”オプションリリース 更新プログラム「KB4568831」が利用可能になりました。 

Microsoftは、クライアント版とサーバー版のWindowsに対するアップデートやパッチをほぼ毎週というペースでリリースしていますが、そもそも現在、どんな感じで供給されているのかちょっと調べてみました。

▮各月の第1週(「A」週)は通常の場合、「Office」製品のアップデート。

▮「B」週は各月の第2週に相当し、Microsoftが「Update Tuesday」とも呼ぶアップデートがリリースされている。

▮「C」週と「D」週は各月の第3週と第4週に相当し、MicrosoftはIT部門のプロフェッショナルや管理者に向け、セキュリティに関係しない修正のプレビューを目的としたオプション累積更新プログラムをリリースしている。

これらのオプション累積更新プログラムは自動的にはインストールされない。

ですので、今回のパッチは、セキュリティに関係しない修正のプレビューを目的としたオプション累積更新プログラムをリリースしていることになります。

私などは、「Windows 10 バージョン 2004」は、まだまだ怖くて、インストールしていません。 ドツボにハマるのは嫌ですので、用心する様になってしまいました。

最近のMicrosoftの「Windowsアップデート」は、ほぼ、信用できませんので、数か月、落ち着くまでアップデートしない。。。。と我慢しています。

追記
IEに替わるブラウザの中で、最新版のChromiumベースの「Microsoft Edge」で、デフォルトの検索エンジンに「Google」が設定されている場合、アドレスバーに文字を入力するとブラウザーがクラッシュする原因不明のバグが発生していましたが、この問題に対処した様です。


Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする