次世代移動通信規格「5G」になれば、「光」のインターネット固定回線なんて要らなくなる?

2020年10月8日、
本日の話題は、次世代移動通信規格「5G」になれば、「光」のインターネット固定回線なんて要らなくなる? です。

現在の4Gでも、要らない場合が十分にあります。

先日、スタバの幹部の子が、「格安SIMにしたいだけど、どうしたらいいですか?」と聞いてきましたので、ちょっとお話を聞きました。

これは、私の地元、「札幌市」のお話です。

現在、彼女は国産のAndroidスマホで、ソフトバンクと契約して、容量月「50GB」使える契約だそうです。来年の春、2年満期が来る予定です。

ソフトバンクと契約時に、家のインターネットもソフトバンクの光回線をセットにすると安くなる(千円割引)と勧められて契約してしまった!。 聞くと、大して回線は使用していないのでもったいないのです。

と、こんな具合で、まず、

▮家で、夫婦2人で、パソコンなどでインターネットをそんなに使わないなら、月50GB使えるスマホでテザリングすれば、光回線などは、全く不必要でしょう。

スマホでテザリングできることさえ、知らなかったので、仕方ないでしょう。
但し、ソフトバンクの場合は、セコイのでオプション契約しないとテザリング機能が使えません。

▮旦那の契約は別にしても、インターネットと携帯電話料金だけで、月々1万2,3千円くらい支払っている状態です。 端末の料金の支払いも入っているのでしょう。

2年満期が来る来年の春まで待つか、即刻、ソフトバンクを解約してしまうか、光回線のみ解約するのか。。。。旦那と要相談ですねと言っておきました。

彼女は、元々「iPhone」でなく、「Android端末」を使用していますので、乗り換えやすいのです。 現在なら、メモリ4GB、電池容量が5000mAhで、2万円ちょっとで購入できるAndroid端末が有りますので、端末さえ購入してしまえば、後は、月々の通信料金のみの支払いで済みますので、安くなると考えます。
関連記事
大容量バッテリー搭載で、2万円弱で買える格安スマホ「moto g8 power lite」が欲しい。

もちろん、別の安い会社と契約して、端末も新しくするときは、相談に乗りますので大丈夫、「検討してみて」と。。。どうなることやら。

1.これは、あくまでも、近い将来のお話ですので、

ドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアが、今回の総務省の要請で、料金をどのくらい安くするのかは、まだ分かりません。

現時点では、まだ、設備が追い付いていなく、本来の通信サービスが、地方でまだできていませんが「楽天モバイル」が良いように思います。

残念ながら「楽天モバイル」は、まだ本格稼働していない状態にありますが、データ通信も通話も使い放題で、月額料金は:2,980円です。

1)楽天の状況

「楽天モバイル」の状況は、4G、5Gの通信網も3キャリアよりも遅れていますが、データ通信も通話も使い放題ですので、インターネットの固定回線なんて要らなくなります。首都圏近郊はだいぶ整備されてきていますが、全国的に3キャリアに追いつくのは、早くてもあと1年くらいかかるでしょうね。 ここが一番、ジレンマでもあります。

現在、料金は、1年間、無料で、自前の回線が使えないエリアは、auのローミングですが月5GBの容量まで高速で使用できます。 オーバーしても1MBのスピードは出ます。

私などは、すでに、家のインターネットの固定回線などは、とっくに使っていません。 家のWindowsデスクトップPCも、「MacBook Air」も、スマホのテザリング機能を使用しています。「Windows 10」の大型アップデートがある月は、正直、容量的に「モバイル無線LANルーター」が、1台欲しい時もありますが。

普段、バカ動画、エロ動画を観たり、バカゲームするのがメインであれば、月々の容量は、いくらあっても足りなくなるでしょうが、そんな「低脳」コンテンツは使いませんので、スマホのテバリングで十分です。

2)ドコモの動き

NTTの完全子会社化する「ドコモ」は、現在、子会社(サブブランド)をかかえていませんが、NTTの子会社になれば、「OCN モバイル ONE」を提供するNTTコミュニケーションズのドコモへの移管を検討していると明かしており、キャリア2社と同じように、ドコモは、サブブランド会社として「OCN モバイル ONE」を使う動きもあるようです。

サブブランド
・au     :UQモバイル
・ソフトバンク:ワイモバイル
・ドコモ   :OCN モバイル ONE?
・楽天のみ  :無し

総務省の要請通リ、料金が安くなれば、サブブランドなど必要なくなる様に思いますが、残すのであれば、キャリア自体の料金は、安くなるはずも有りません。

2.各サブブランドとMVNO(格安SIM)の存在価値

今まで、料金の高さで云えば、キャリア—>サブブランド—->MVNO(格安SIM)の順に安くなっていますが、キャリア自体の料金を下げれば、サブブランドの存在価値が無くなり、いきなり、キャリア<—>サブブランド、MVNOの構図になるのか?

新規参入の「楽天モバイル」が、現在、サブブランドと同じような料金体系ですので、もしキャリア3社が「楽天」と同じ土俵の料金で戦えば、サブブランドは、中間ではなく、スライドして更に安い「MVNO」と闘う羽目になるのでしょうか?

サブブランドが、「MVNO」と同じ土俵で戦わざるを得なくなれば、これは、ちょっと、面白いことになる。。。と云うか、今度は、MVNOの存在価値も薄くなるような気もします。

なぜなら、サブブランドの方が、通信速度が速いので、同じ値段なら有利になってしまいます。

5Gが、サブブランドでも使えるようになれば、増々、格差が広がり、MVNOの存在価値が消えてしまいますが、どうでしょう?

関連記事
「NTT」が「NTTドコモ」を子会社化するというニュースが飛び込んできました。

どこが安い? 「楽天モバイル」と、キャリアのサブブランド2社「UQ mobile」、「Y!mobile」の料金と端末を比較

【総務省と大手携帯会社の泥仕合】総務省(菅総理)が、キャリアに、携帯電話の利用料金を下げろ!のプレッシャーから逃げられるか?

今まで、タダ同然で手に入れた「iPhone」が高くて買えなくなったユーザーは、「Android」スマホにすれば。。。です。


Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする