【書籍紹介】 脳はすこぶる快楽主義  池谷 裕二 (著)

本日の書籍紹介は、 脳はすこぶる快楽主義 パテカトルの万脳薬  池谷 裕二 (著)です。

いつも、ネットで世界中の論文をお酒を飲みながら読んで、連載記事を書いていているようですが、それをまとめたものを書籍にしています。

今回の書籍は、週刊朝日での連載をまとめた3冊目の単行本だそうです。

1つ5分も掛からないくらいの長さの文章でまとまっていますので、交通機関の中で、ちょっと読んでも、3話くらい読み進む事が出来ますので、ちょっとした空き時間を利用して読んでいると、いつの間にか、読み終えてしまうでしょう。

私は、電子書籍は利用せず、紙の本を購入するのですが、この書籍は、きっと「電子書籍」でも、短編で構成されていますので大丈夫でしょう。

 ■脳はすこぶる快楽主義

目次
【I】だから人はおもしろい
【II】計り知れない脳
【III】感性を刺激する
【IV】愛の不思議
【V】未知なる力
【VI】明日のために

コラム記事をまとめた書籍ですので、2ページほどの短編で、ためになるお話が、たくさん詰まっています。内容は、一つだけ紹介します。  傑作です!!

美人を眺める時の脳の活動を記録すると、眼窩(がんか)前頭皮質を含む、報酬系全体が活性化していることが分かります。これらの脳部位は、お金を獲得した時に活性化する部位と同じです。

つまり、美人を眺めることは「報酬」なのです。

一方、ブサイクを見た時には、お金を失った時に活性化する脳部位が活動します。 これは「」です。

あまりに露骨すぎて、もはや言葉を失いますが、しかし、これが脳の語る真実です。

と、こんな感じで、脳の活動を分析すると、こんな感じなのですと、さらっと、書いている所が、楽しいのです。

人間は、自分の意識の中だけで行動していると思っていたら、大間違いなのです。 意識と無意識が有るとすれば、ほぼ「無意識」に支配されているのが認識できていれば、脳科学をかなり勉強している人でしょう。

池谷先生の書籍は、読みやすいので、脳のお勉強には、一番です。 突然、難しい、脳神経学の書籍を読まないで、先生の書籍を数冊続けて読めば、きっと、脳科学にハマります。

■進化しすぎた脳

まずは、池谷先生の書籍を最初に読むなら、この書籍をお勧めです。 なぜなら、中高生を相手に書いた書籍なので、初めて自分の「脳」についてお勉強するには、素晴らしく、分かりやすく、興味が湧いてくるのです。 この書籍を初めて読み終わった時、すぐに読み返しました。

■脳はなにかと言い訳する 人は幸せになるようにできていた!?

■脳には妙なクセがある

関連記事
【書籍紹介】「もうひとつの脳」 ニューロンを支配する陰の主役「グリア細胞」

NHKスペシャル「ママたちが非常事態!?」 子育てがつらすぎる! なぜこんなに不安で孤独なの?私って、母親失格? 母親になる前に知っておくべき「脳」の仕組みについて。

【なるほどと思う記事】 孤独な出産・子育てはまるで「蟹工船」 なくならない児童虐待に若新雄純氏

【重要記事:子育て】子どもを「大切に大切に」しながらダメにする親と云う記事が、面白い。

【書籍紹介】「死に至る病 あなたを蝕む愛着障害の脅威」 (光文社新書) 岡田 尊司 (著)

【書籍紹介】 ヒトの発達の謎を解く  明和 政子 (著)

Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする