【書籍紹介】2022年色々な事が問題になりましたが、「米国防総省・人口統計コンサルタントの 人類超長期予測」です。

2022-12-05、
本日のお題は、2022年、今年も色々なことが問題になりましたが、米国防総省・人口統計コンサルタントの 「人類超長期予測80億人の地球は、人口減少の未来に向かうのか。。。です。

キーワードは、「人口減少」と「少子高齢化」、反対に「人口増加」ですか。世界人口が2022年についに80億人に達したと国連が発表しましたが、何だかピンときません。

このような、個人レベルでは、どうしようもない「社会問題」について、家族や友など周りの人と積極的に議論している方は、日本社会の労働者階級の人達では、どのくらいいるでしょうか?

貧困問題、格差社会、いじめ、虐待、不登校、引きこもりなど、自分に関係がないと、何も感じないでしょうが、ある日、自分の身に降りかかる事もあるのです。

世界人口が2022年についに80億人に達したと国連が発表した。
世界各地で、疾患、移民、人種、ジェンダー、定年退職をめぐる論争が記事の見出しを占めているが、これらの問題のベースになっているのは、実は人口だ。
いま、人口動態から政治・経済・社会を理解する重要性は高まっている。

日本の様に、平均寿命が延びて、若者が結婚できないために、子供が生まれず、人口減少を招いている国があると思えば、ナイジェリアは、合計特殊出生率は5.1で、日本の場合は1.33しかありません。
(合計特殊出生率:1人の女性が一生のあいだに産む子どもの数

ナイジェリアなど、決して、貧しい国ではないのに、人口増加が進んでいます。

 

1.まず、日本の場合、「人口減少」と「少子高齢化」が進んでいる

1)現状では、「高齢者」が、長生きできるようになり、中々死なないで生き残っているからか?

 

▮「癌(がん)」に罹患するのは2人に1人の時代になり「癌」で、亡くなる方は、2020年には、37万8385人で、死亡総数の27.6%を占めています。

年間こんなになくなっている事を、案外、国民は知らないのです。

▮日本の「コロナ死者数は10万人超」 衝撃の推計
日本での百年前の「スペイン風邪」の死者数は、推計45万人ですので、新型コロナでは1/4程度の数字です。

政府発表では、この2年間の新型コロナ死者数は、約1万8400人となっている。
だが論文では、超過死亡はおよそ「11万1000人」(10万3000人~11万6000人)との推計が示された。

▮「高齢化」ではなく、「なかなか死なない化」
2022年の100歳以上の人口は? 9万526人となった。圧倒的に女性が多く、全体の89%を占めている。
現時点で65歳の人が、100歳まで生きる割合は、男性では1%、女性では6%程度だと考えられていますので、100歳越えはそれほど多くない、その前に、大体、死んじゃう

日本の場合、老いが止まらないのではなく、なかなか、早く死なないのです。 今度、日本が戦争に巻き込まれたら、「赤紙」の対象を六十歳以上の男女にすれば、結果によっては、人工動態が、きのこの山から、富士山の様に変化するかもしれません。

2)死んで行く人が多くて、人口減少しているのではなく、子供が生まれないために、人口減少を招いている?

日本とナイジェリアの人口動態

日本は、生活が、苦しく無くなくなる(絶対的貧困が解消される)と、出生率が下がる、しかし、ナイジェリア(人口:約1億8,300万人)は年寄りは、早く死んでしまうので、ピラミット型になる。しかし、国が豊かになると、上太りの状態に、なぜなるのか?

ナイジェリアは天然資源もありそんなに貧しい国ではないが、世界的に観れば、アフリカなど貧しい国の出生率が高いため、人口増加が続くが、貧しくなくなると、今度は、一時的に、高齢者が多くなるが、出生率が下がり人口が減少する。

先進国などは、絶対的貧困は少ないが、相対的貧困が経済的格差のせいで広がり、誰も子供を産みたがらないのではなく(夫婦の場合の出生率はあまり変わらない)、結婚できなくなっている、結婚しない為、子供が生まれない状態が多いのではないでしょうか

富める国になっても、経済が停滞して、賃金も上昇しないと、結婚もできない。どんなに「男社会」でも、相手を選ぶのはメスですので、だれも文句を言えない。

 

3)日本の人口は、現状、約1億2千万人  多いのか、少ないのか?

▮労働人口を観れば
外国人労働者を連れてこなくても、賃金の上がらない国内で、比較的体力を使わないなら「安い仕事」を引き受ける「労働者」が、日本にはまだ沢山いる。 安くて、きつい仕事は足りない。

低賃金の問題は、中小企業の割合が97%を占める日本の現状にあるので、生産性が上がらず、国力が低下するのは、必然のような気もします。

日本が、例えば、携帯電話など「ガラパゴス化」できたのは、韓国の様に人口が日本の半分程度の場合、海外に物を売らないと、やっていけないが、日本は、自国の人口が多いため、自国で消費して儲ける事ができたからでしょう。

しかし、この先、人口が、8千万人を切り、6千万人くらいに減少すれば、国内消費では、やって行けなくなるので、本来なら、付加価値のあるものを製造して海外に輸出しなければなならないのですが、社会構造上、品質の良い物はまだ作れる技術力はあるが、「イノベーション」を起こすことは、ほぼ、不可能な状態です。

 

目次
イントロダクション 超長期の世界を見つめる人口統計
地球規模の力学を人口からつかむ
世界の難題の裏に人口がある
生命の始まりの指標──出生率
日本に始まる未知の人口構造
移住は特定の地域にのみ影響を及ぼす
人口統計学における変化の原動力
人口は運命を左右する

PART 1 コイタス、クワイタス、エクソダス──誕生、死、移住が世界を変えていく

CHAPTER 1 誕生の意味──若者たちが生み出す不安定
低すぎても高すぎても問題を引き起こす出生率
出生率を下げる努力
家族計画プログラムの格差
出生性比の偏り
若い人口構造を示す脆弱国家指数
アラブの春と人口構造
若者比率が高い社会に共通する経済的動機
若者が変革を求める3つの領域
若者に機会を与えなければならない

CHAPTER 2 灰色の夜明け──先進国から始まった人口高齢化はどう展開していくのか
老いが止まらない先進諸国
女性の役割と少子化
高齢者の労働参加
各国の退職年齢問題
高齢化による打撃をやわらげるための方策
日本の刑務所は老人ホーム化している
ケース・スタディ 「高齢化がもたらす平和」は実現するか?
結論

CHAPTER 3 10億とおりの死に方──健康状態、感染症の蔓延、政情不安、内戦
ワクチン開発へと至る医学の奇異な歩み
30年で30種類超の新たな疾患が現れた
貧困国にも広がり始めた富裕国の死因
ケース・スタディ 妊産婦死亡率
健康寿命の格差
死亡率の高い感染症が経済に与える打撃
感染症撲滅には世界規模の協力を
死亡率を下げるためには投資が必要

CHAPTER 4 移動する人々──移住者が世界の政治・経済・社会を変えていく
人はなぜ移住するのか
移住者を送り出す国・受け入れる国
移民への反発の背景
各国は何を期待して移民を受け入れているか
不法入国者を完全に断ち切る方法の模索
ケース・スタディ 難民、庇護希望者、国際法の限界
移住者に対する世界的解決策はあるのか

 

PART 2 人口動態はいかに世界を形成するか

CHAPTER 5 戦争と子宮戦争──人口で変わる政治、勃発する内戦
世界でもっとも議論を呼んだレバノンの国勢調査
各国の文化的ジェノサイド
「われわれ」対「彼ら」の構造はどのように生まれるか
アイデンティティ政治をめぐる5つの教訓

CHAPTER 6 マルサス対マルクス──人口構造の変化と人口ボーナス
人口ボーナスと「機会の窓」
人口ボーナスを得るための手法はあるか
移住者が生み出すお金
早すぎる脱工業化
人口ボーナスが生まれる条件
機会の窓から人口ボーナスを得られるか

CHAPTER 7 世界人口の未来──希望ある地球のために、いま、私たちにできること
外側の視点で検討してから内側の視点へ
人口動態は都合のいい解釈をされがちである
世界人口の行方について断言できる6項目
80億人の地球に望む未来は訪れるのか
———————————————

安全保障、移民、教育、宗教、民族、言語、気候変動、パンデミック…人口動態が驚きの世界をつくり出していく。私たちのビジネスや人生はどう変わるのだろう? 確実にやってくる未来とはどのようなものなのだろう?
参照:ダイヤモンドオンライン https://diamond.jp/articles/-/313944

と言っていますが、なるようにしかならないのです。 各国で個々人が選択した結果、このような状態になっているからでしょう。

「早く結婚しろ」や「早く産め」、「早く死ね」と言っても、誰も言うことを聞かないでしょう。

関連記事
【書籍紹介】 2022年夏休み コロナ禍(感染拡大の中、行動制限なし)関係ないが、読んでおきたい書籍10冊
【書籍紹介】 最近出版された春までに読んでおきたい地球環境と脳科学と人類学に関する書籍を紹介します。
【書籍紹介】 正月休み読んでおきたい3冊
【書籍紹介】 秋の夜長、まとめて書籍を読みながら思考してみましょうか


Sponsored Links




コメント