【残念な情報】札幌駅の「札幌エスタ」が、新幹線延伸工事の為、2023年夏に閉館します。

2023-05-22、
本日の話題は、残念な情報ですが、札幌駅の「札幌エスタ」が、新幹線延伸工事による再開発の為、2023年夏に閉館します。

札幌駅内にある「パセオ」は、既に2022年9月に営業終了となり、パセオ閉店1年後にエスタも閉店ということになります。

エスタ」の跡地には、道内一の高さとなる約245メートルの複合ビルを建設し、商業施設をはじめ、展望施設やホテル、オフィスが入居する。 地下4階地上43階建てで、延床面積は約38万6700平方メートル。 竣工は2028年度を予定している。

残念なのは、下の階から、地下の食堂、ビックカメラ、ユニクロ、ロフト、ニトリ家具、ABCマート、ラーメン共和国、霧の下(蕎麦屋)などをいつも利用していましたが、とても残念です。

週三回以上、立ち寄る場所でしたので、無くなると、しばらくは非常に不便になります。

・地下の食堂 地下1階 :
総菜、うどん屋、モスバーガー、ケンタッキー、銀だこなど、ちょっと小腹が空いた時に。いつも若い人たちで一杯です。

・ビックカメラ 1階から3階 :向かいの「東急百貨店」に9月に移転するようです。
ヨドバシカメラが、駅西側にあるので、無くても大丈夫です。

・ユニクロ 5階 : 移転先はまだ決まらず。
エディーバウアーが日本から撤退しましたので、最近は冬物などは「ユニクロ」を使っていました。

・ロフト 6階 :新ビルのモユクサッポロに移転が予定。
ここは色々な小物、ロールバーンのノートもおいてあります。3階のApple修理店より、さっさと「iPhone」の電池交換をしてくれるお店もあります。

・ニトリ家具 7階 :枕、座布団、ソファーカバー、寝具などを購入するのに、便利。

・ABCマート 8階 :靴を買うのですが、最近は、安いのでAmazonで購入するようになっています。

・ラーメン共和国 10階 :函館の「アジサイ」塩ラーメンが好物で1店舗のみ利用。

・霧の下(蕎麦屋)10階 :
冷やし月見タヌキ蕎麦が好物。ガッツリ食べる時は、カツカレー蕎麦セットです。
最近は、「ロボット」君が配膳を担当しています!

 

JR北海道は、「赤字路線」をたくさん抱えていますので、違う商売で、稼ぐしか方法がないようです。

今年の5月連休直前に旭川市に久しぶりに行ってきました。ここも、駅が無駄に大きく新しくなりましたが、駅周辺の開発も進んでいて、何だこれ!の状態になっています。旭川市に「スタバ」がもう6店舗もありますし、旭川駅前と東側にもスタバが入っています。

多分、札幌まで新幹線を延ばしましたので、将来、過疎化が進む北海道で、それを旭川まで伸ばすのを目論んでいるのでしょう。

エスタは、2023年8月31日午後9時に閉店する予定です。

札幌「エスタ」が2023年夏に閉店。1978年開業から45年。2029年秋までの開業目指す新ビルの事業者も決定

関連記事
【札幌駅情報】北海道新幹線の札幌延伸の工事に伴い、札幌駅の商業施設・パセオのスタバが、9月30日で営業を終了

【札幌駅周辺のお店】北海道新幹線 札幌駅へ乗り入れ準備に伴う駅の改装により消えるお店

コロナ禍で、ここ最近、突然の様に閉店した大きなお店と、私の商品へのこだわりと愛着について

【速報 残念!】「エディー・バウアー」日本国内の店舗が閉店 事実上の日本撤退か。

Sponsored Links




コメント