12.脳科学一覧

【重要記事】盛んに報道されている「あおり運転暴行事件」をみていて、実感した感想「やっぱり、化け物同志、ちゃんとくっ付くんだ」です。

この事件の話と、会社で起こった話と比較して話すと、被害を受けた社員たちは、一様に、この事件の2人も「そう、同じかもしれない」と妙に納得するのです。 私、一人の思いではなく、やはり、思いは同じなんだな。。。と云う事が実感できました。

【書籍紹介】虐待された少年はなぜ、事件を起こしたのか

1.少年犯罪と被虐待、性非行、ドラッグ依存、発達障害との関係……。 世の中、「毒親」もそうですが、家庭が崩壊して、生まれてきた幼児を養育するための環境に全く適さない状況で、育った少年/少女が、精神的に病んで、犯罪を犯す確率が各段に高い状況になります。

【面白記事】臨死体験は「死後の世界」の証拠ではない? 実は脳の働きによる“幻覚”の可能性:研究結果

「人間は死んだら、あの世に行くんだ」と「あの世」があると信じているバカ共は、是非、読んでみてください。 「人間は死んだら、あの世には行きません」、「あの世」は無いのに、どうやってゆくのでしょうか? 臨死体験をした人は、多分、脳の中で幻覚を観ているだけです。

【面白記事】 脳科学で分類”4タイプ別”性格診断テスト(PRESIDENT)です。

そんな中、 都立駒込病院脳神経外科部長  「篠浦 伸禎」先生が、面白い見解を記載されています。 素直に、全部、信じるのは、ちょっと、早計ですが、脳の部品(パーツ)で云えば、偏桃体、海馬、側坐核、前頭葉、後頭葉、側頭葉、などの機能を知っている方なら、少し、うなづける部分が多々あるように思います。

【ちょっと、この記事が面白い】ミツバチにもアスペルガーが?社会性に乏しいミツバチに人間の自閉スペクトラム症に似た遺伝症状を確認(米研究)

ヒトの「自閉症スペクトル障害」に最も密接に関連している遺伝子は、応答の遅いミツバチでは、より反応のよい巣の仲間とは異なって規制されているという調査結果が見つかりました。 人間の「自閉症スペクトル障害(アスペルガー症候群)」は知っていますが、動物の中でも、昆虫にもアスペルガー的な症状を見せるなんて、驚きです。

自己愛とは何か?  障害者殺傷事件 元職員は「自己愛性パーソナリティー障害」か

自己愛とは何か? 人間は「認知症」になっても、決して衰えることのない脳の機能「自尊心」と「プライド」。。。多分、これが、どんなにボケても、生きて行ける、死ねない原動力なのでは。。。と思います。 何でしょうね? 本当に不思議に思います。 どんなにボケても「自尊心」と「プライド」だけは、百人前です。

お正月ですので、他人のブログの悩み事に答えてみたいと思います。 お題は「成長が見られない社員はどんな扱い方が正しいのか?」です。

色々な業界、会社の規模も大きなところから、小さいところまで、色々な会社で働いたい経験と、最近、分かってきた事を踏まえて、ちょっと、記載してみたいと思います。まず、業界によっても違いますが、企業に入ってきても、使えない奴なんて腐るほど居ます。

脳を構造部位に分類し、立体表示する無償アプリ「3D Brain」がすごい!!

コールド・スプリング・ハーバー研究所のDNA学習センター(米国ニューヨーク州)が製作・提供する脳の立体構造・機能学習スマートフォンアプリ「3D Brain」をNTTデータ経営研究所の日本語訳協力により実現したものです。 人間の脳を29の構造部位に分類し、立体的に表示するアプリです。

夏休み、どこにも、お出かけしない人のための暇つぶし、「脳」に関する知識が深まる情報です。

最近、脳に関する研究が進んでいて、書店の自然科学のコーナーでも、脳に関する新しい書籍が、たくさん出版されています。もちろん書店に足を運んで探しますが、ネットから拾った情報の中から、読みたい書籍を探すときもあり、そこから、書籍を購入するのは3割くらいになります。

キラーストレス そのストレスは、ある日 突然、死因に変わる。

NHKが、「あなたを蝕むストレスの正体 ~こうして命を守れ~」と題したNHKスペシャルを放映しましたが、この「人を殺すキラーストレス」特集に反響の声が続出している様です。 分子生理学、心理学、脳科学、脳神経学、人類学の最新の知識が詰まっていますが、ちょっと足りない「考察」の部分が有ります。