iPad一覧

iPadが、専用OS「iPadOS」とともに、大きく変化して、ノートパソコンの様に使えるようになってきているのは、本当か。

Microsoftは、スマートフォン、タブレット、パソコンのOSを統一しようとして、スマートフォンでは、失敗(全然、売れなかった)しましたが、タブレット端末として使うことができる「Surface」は、もろ、パソコンそのものです。 単にタブレットの形をしたノートパソコンその物です(ですので、タブレットとしての性能は、iPadにはかないませんが。)。

「WWDC 2019」で、Appleが、iPad専用のOS「iPadOS」を今秋リリースすると発表

スマートフォンの「iPhone」とタブレット「iPad」で共通でしたが「iOS」からタブレット向けを分離する様です。 共通で使用してOSを分離すると云う事は、提供する方にも、開発の負担なども増えて、余り宜しくはないのですが、Microsoft社のサーフェースが、ほぼ、タブレットの形をしたパソコンですので、「iOS」ではできない、パソコンの様な、ドキュメント編集機能を追加する必要がありました。

Appleが、新しい9.7インチ「iPad」を発表しました。

現在、私の使用している「iPad」は「iPad 2」で、もう遅くて遅くてどうしようもありませんでしたので、参照系の作業でしか使用しませんが、1台そろそろ購入しようかと、切に考えています。 なんか、新しい機能など、要らないのです。 レファレンス端末としての機能を果たしてくれれば。 値段的に安くして販売するのには、少しだけ訳がります。 米国の教育機関向けに販売された端末は、Googleの「Chromebook」にシェアを奪われていますので、これを挽回したいのでしょう。

【おもしろ記事】iPad ProのCMの「コンピュータって何?」に腹を立てる人たち

過去にMicrosoft社のコマーシャルでも有ったのですが、このコマーシャルは大丈夫かと思っていましたが、「このコマーシャルに腹を立てる人たち」がいるそうなんですが、どんな人、いや、どんな奴らか? このコマーシャルで、Appleが言いたかったのは、iPadがコンピューターに取って代わるということを言いたかったのでしょうが。。。。全然、違う意味に、勘違いしているのでしょう。

「iPad Pro」と「Surface Pro 4」が、同時に発売されましたが、どちら良いか、迷う必要なしです。

「iPad Pro」と「Surface Pro 4」が、同時に発売されましたので、札幌駅の「ヨドバシカメラ」さんで、両方、触ってきました。感想を。 複数のプラットホームで、たくさんのタブレットがリリースされてきましたが、成熟してきたのか、そうではないのか、見る角度で違いますが、使うユーザーが限定されてきたような製品が、この「iPad Pro」と「Surface Pro 4」ではないでしょうか。