本日、やっと、ヨドバシカメラで、タブレット「iPad mini(第6世代)」を手に入れました。

2021-10-29、
本日、お昼過ぎ、札幌ヨドバシカメラ1階のAppleブースを覗くと、なんと「iPad mini(第6世代)」が再入荷しているではないか!!!

急いで銀行に行って、お金をおろし、お店にトンボ帰りして「これちょうだい!」でした。

なぜ、購入したかと云うと、2万円の中古の「iPhone 8」をゲオで購入しましたが、+ではありませんので、画面が小さく、従って、字も小さく、文章が非常に、老眼ですので読みにくいのです。それと「iPhone 6+」以来、せっかく購入した「iPhone 8」でしたが、小さい物は小さいのです。 それで、参照用にiPad(デカ過ぎ)ではなく、 miniが欲しかったのです。

開封式など「ケチ」な真似はしません。

バスで、客先に訪問する予定でしたので、乗車して、速攻、封を開けて、電源を入れると電池は80%以上ありましたので、30分位いの間、車中で初期設定を終了させてしまいました。

便利なのは、iPhoneなどを使用していると、iPhoneをiPad miniに近づけるだけで、アプリも含めて、設定内容を「iPhone 8」から「iPad mini」に移行できる事です。

但し、「iPhone 8」側で、まとめていた「アプリ」たちは、移動後、バラバラの状態で入っていました。個々に移行するかどうかは選択できませんが、一括で移動するか、しないか、選択できますので、大丈夫でしょう。

iPad mini(第6世代

・本体サイズ :134.8×195.4×6.3mm(幅×奥行き×高さ)。
・重量    :Wi-Fiモデルが293g、Wi-Fi+Cellularモデル(5G対応)が297g。
・色     :スペースグレイ、ピンク、パープル、スターライトの4色。

1.初期設定が終わり、昔、第二世代までの「iPad」を使用していましたので、随分、時間が経ちましたが、違う所と云えば

1)充電ケーブルが、タイプC(両端とも)になった事

2)細長くて小さい「電源ボタン」に、タッチIDが付いている事

3)UI(ユーザーインターフェース)が少し変わり便利になっているが、基本的には何も変わらない。

4)サクサク動作する事(これは当たり前か)
まだ、数時間しか、いじっていませんが、こんなもんでしょう。 後の基本的な部分は、何も革新的な変化は有りません。ペンでお絵描きがスムーズにできるようなったのが、私は使いませんが、変化でしょう。

5)アクセサリー
・iPad miniのアクセサリーは、非常に少ない。
・必要があまり無いが、キボード付きのカバーも、純正では販売されていない。
・ガラスに貼るシールは必要か。。必要!
・ペンシルが使えるが、自分に必要かどうか不明、紙の書籍を読んでいる時など、メモを取るかどうか。。。

・本体のカバーはどうするか?  これは、人それぞれでしょう。
ブックタイプ? これもパッとしたものが無い。

わしづかみで、片手で持てるので、落下する頻度は少ないと思うが、ちょっと心配です。 なぜなら、電車の中で、居眠りこいて、落とす場合が無きにしも有らず。

Apple 用Smart Folio (iPad mini – 第6世代) カバーです。


暫くは、ガラスシールだけ貼って、「素」で使うしかありません。

6)スペック、特徴
デザイン的には、最新世代の「iPad Pro」や「iPad Air」に近いものになり、「iPad Air」のコンパクト版といった位置づけになっています。

・プロセッサ:
A15 Bionicを搭載し、従来からCPU性能が40%、GPU性能が80%向上。
GPUが5コアとアナウンスされていて、iPhone 13シリーズProモデルと同等となっているのですが、噂では、iPhone 13でクロックアップできなかったチップをminiに入れているのではと言われています。

・ディスプレイサイズ:
8.3型液晶で、解像度は2,266×1,488ドット。
ホームボタンが廃止され、画面周囲のフチ(ベゼル)がより狭くなったことで、画面サイズが大きくなった。片手で縦に持った時、左右側面には、何もボタンがありませんので、慣れるまでちょっとです。

・イヤホンマイク端子は廃止:
従って音楽を聴く場合、本体のスピーカーか、ブルーツースのイヤフォンだけです。

・USB-Cは、最大5GbpsのUSB 3.1。

追記
ケース、何か良いのないかと、Amazonを観ていると、取り敢えず、保護できるものを安もの買いをして、間に合わせようと考え、下記の商品にました。

▮クリアケースとガラス保護フィルム(フィルムの方が高いのです)。

  

▮使ってみると分かるのですが、
小さい板ですので単体でカバーを付けるの物ではなく、システム手帳などを入れる手帳カバーなどに、メモ帳と一緒にしまえる物が良いのではと、ロールバンのノートを販売している札幌駅ビル3階のスミスに行って、何かちょうど良いブック(手帳)カバーを探してみることにしましょう。  安い、薄い「クリアケース」を購入したのも、こんな考えがあるからでした。

ところで、
「iPhone13」を買う金で、「iPad mini」が2台買えちゃいます! なんだそれ?

友人の「iPhone 8」購入により、吊られて「ゲオ」で同じものを2万円で購入してしまったのが運の付で、また、オールAppleになってしまい、また、Apple信者の友人になんて言われるか。。

過去に、「Appleの商品なんて捨てろ!」と言っていた私ですが、今は、「買うなら絶対、Appleでしょう!」と、どや顔で言っているのです。

私の場合、決して「バカ動画」、「バカゲーム」、「バカ漫画」などには使用しませんが、大変、便利な情報を収集する為のツール、文房具なのです。

この道具の凄い所は、知能が高かろうが、低かろうが、それなりに楽しめる「オモチャ」にもなるし、大切な道具にもなるのです。

※Cellularモデルも迷いましたが、予算の関係で「Wi-Fiモデル」にしてしまいました。
ただ、iPhoneからの接続は、テザリング機能を使えば、ネットワークにに接続可能でが、止めたり、接続したりするのが、結構、面倒です。 やはり、Cellularモデルが羨ましいのです。

新型 iPad mini Wi-Fiモデル :64GB:59,800円(税込)
Wi-Fi+Cellularモデルが77,800円(税込)9月24日(金)から販売が開始。

関連記事
【Apple発表会情報】昨晩、Appleの新作発表会「Apple Event」が、日本時間の9月15日の午前2時からオンラインで開催されました。

【OS:リリースニュース】 Appleが、「iOS 15」の配布を開始しました。 早速、実施してみました。

【面白記事】 復活した「iPad mini」がスマホ選びの新基準になり得る理由

【面白記事】 iPhone XS Maxを1ヵ月使ってみたらSEとiPad mini後継がほしくなった

タブレットって、結局、何に使うの?。。。。タブレットの使い道について、その3 購入する時に失敗しない使い道の具体例について


Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする