「WWDC 2019」で、Appleが、iPad専用のOS「iPadOS」を今秋リリースすると発表

2019年6月3日(米国時間)、
「WWDC 2019」で、Appleが、iPad専用のOS「iPadOS」を今秋リリースすると発表しました。

スマートフォン「iPhone」とタブレット「iPad」で共通でしたが「iOS」からタブレット向けのOSとして分離する様です。

共通で使用してOSを分離すると云う事は、アプリを提供する方にも、開発の負担なども増えて、余り宜しくはないのですが、Microsoft社のSurface(サーフェス)が、ほぼ、タブレットの形をしたパソコンですので、「iOS」ではできない、パソコンの様な、ドキュメント編集機能などを追加する必要がありました。

これで、やっと、少しは「Surface(サーフェス)」の様に、パソコンとしての使い勝手が、断然よくなります。

私としては、大歓迎です。。。。が、

「開発者はちょっと大変だ」と思うし、「パソコンより簡単だからタブレットにしたユーザー」は使い方が複雑になるので困りものですね。

いずれにしても、幼稚園児から、万年初心者パワーユーザーまで、便利に使えるようにするには、大変なことです。

iPadOS

改良点
■ホーム画面

各ページにより多くのアプリを表示するために新しいレイアウトで再設計されました。

■分割表示とスライドオーバー
分割表示の更新と同時に同じアプリから複数のファイルやドキュメントを操作したり、スライドオーバーで複数のアプリをすばやく表示したり切り替えたりすることができます

■Apple Pencil
iPadエクスペリエンスに統合されています。
顧客は、画面の隅からApple Pencilをスワイプすることによって、iPad上でWebページ全体、文書、またはEメールをマークアップして送信することができます

■Safari
SafariはiPad上でこれまで以上に強力です。
iPadOSは自動的にデスクトップ版のWebサイトを表示し、iPadディスプレイに合わせて適切に拡大縮小し、タッチ用に最適化します。

■テキスト編集
iPadでのテキスト編集はiPadOSで大幅に更新され、さらに正確さとスピードでポイントし、スワイプするだけでテキストを選択し、切り取り、コピー、貼り付け、元に戻すための新しいジェスチャーを使うことがより簡単になります。

対応デバイスは
iPadOSは、「iPad Air 2」以降、すべての「iPad Pro」、「iPad」の5世代以降、および「iPad mini 4」以降で、今秋に無料のアップデートとして入手可能になる予定だそうです。

最後に、
「iPad mini」の新型が出てばかりですが、これで、増々「iPad mini」が欲しくなりました。ですので、慌てず、「iPadOS」がリリースする秋ごろまでに、購入を考えようと思います。

そして、そろそろ「iPhone 6 +」は、回線契約が無いので、Android端末からテザリングで使用していますが、これを完全に捨てて「iPhone SE」の様な小さな端末が出れば、Android端末はもう止めて、「iPhone(回線付き、もちろんSIMフリー版)」と、参照用端末として「iPad mini」の2台で運用できれば、最高の様に思います。

追記1
■初心者に人気の「ダークモード」が、iOS13から採用されるとの発表もありました。

■Macの新OS「Catalina(キャリタナ)」で、iTunesが新アプリ「Apple Music」、「Apple TV」、「Podcasts」の3つに機能が分割されることが公表されています。

追記2
■Windows版の「iTunes」アプリは、何の変更も無いようですが、将来どうなるのかは不明です。


Sponsored Links




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください