Appleが、直接データを転送できる機能が追加された「iOS 12.4」をリリース

2019年7月23日、
Appleが、「iOS 12.4」をリリースしました。

「iOS 13」を待っていたのですが、まだ、Ver12のアップデートですよ。

その他、「macOS Mojave」のアップデートおよび、Windows版「iTunes 12.9.6」「iCloud 7.13」「iCloud 10.6」も公開しています。 おー忙しい!!!

1.iOS 12.4 を公開

端末を入れ替える(古いiPhone—->新しいiPhone)とき、バックアップを取らなくても、直接データを転送できる機能が追加されました。

新たに購入したiPhoneのセットアップ時に「iCloud」からデータをダウンロードして復元しなくても、古いiPhoneからワイヤレスでデータをコピーできるため、大変便利になります。

大体、「iPhone」なんて女・子供の「おもちゃ」で、小難しいバックアップなんて取れないアホがほとんどですので、もっと早く導入してくれれば、苦労しないのに。。。。
(「iCloud」の無料で使える容量は5GBくらいですので、くだらん写真が多すぎて、すでにパンパンでOSのアップデートもできない、「だらしない」使い方をしているのをよく見かけます)。

この機能追加は、たぶん、「iTunes」アプリの機能が分散してしまうところから、出てきたのではないかと思います。 多機能な「iTunes」アプリが、機能的に分割してしまう予定ですので、当然の結果でしょう。

追記1
古い端末向け「iOS」のアップデート「iOS 9.3.6」「iOS 10.3.4」や、「tvOS 12.4」「watchOS 5.3」もリリースされます。 通常、最新のアップデートが入らなくなった端末ですので、アップデートをお忘れなく!

  • iOS 10.3.4
    • iPhone 5
    • iPad (第 4 世代) Wi-Fi + Cellular
  • iOS 9.3.6
    • iPhone 4s
    • iPad mini (第 1 世代) Wi-Fi + Cellular
    • iPad 2 Wi-Fi + Cellular
    • iPad (第 3 世代) Wi-Fi + Cellular

なぜ、古い端末のアップデートをリリースしたのか?
2019年11月3日以降に発生する「GPS」による位置情報と日時の問題を修正する為です。
アップデートしなかった場合、2019年11月3日以降GPSの正確な位置情報を維持できなくなることがあり、正確な日付情報が必要となる機能(iCloud との同期やメールのフェッチ等)が正常に動作しなくなる可能性があるとのことです。

・アップデート情報  Apple サイト
https://support.apple.com/ja-jp/HT210346

2.macOS Mojave 10.14.6 を公開

安定性、互換性、およびセキュリティを目的としたメンテナンスアップデートです。

・アップデート詳細
https://support.apple.com/ja-jp/HT210348

3.Windows版「iTunes 12.9.6」、「iCloud 7.13」「iCloud 10.6」 を公開

主に、セキュリティアップデートです。
Windows 10ならば「Microsoft Store」からも入手することもが可能です。
Microsoft社のストアからもダウンロードできます。


Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする