ワイモバイルが、2018年1月末に、3Gサービスの提供を終了するのにともない、旧「イー・モバイル」の3Gデータ端末ユーザーにワイモバイルの「4G対応WiFiルーター」を無償提供すると発表

ワイモバイルが、2018年1月末に、1.7GHz帯 3Gサービスの提供を終了するのにともない、旧「イー・モバイル」の3Gデータ端末ユーザーにワイモバイルの「4G対応WiFiルーター」を無償提供すると発表しました。

昔、私もよく使っていました。懐かし機種です。

殆ど、化石(失礼!)だと思っていたのですが、しかし、この機種をまだ使っている方が、居るんですね。 あっ! 一人、私の知り合いにも居た。 お知らせしなくては。。。

無線LANルーターとしては、「UQ WiMAX」もあり、どちらも使っていましたので、それぞれ特徴がありました。「UQ WiMAX」のモバイルルーターは電波の特性上スピードは速いのですが、繋がらない所が結構ありました。 ワイモバイルのポケットWiFiは、札幌市内くらいなら、どこでも繋がるのですが、スピードが今一でした。今は、両社の端末は、どちらも通信に関する性能差はほとんどありません。どちらにするか判断するとすれば、通信データ量の制限くらいですね。

現在は、「ワイモバイル」が—->ソフトバンクに吸収されて「イー・モバイル」になり、 「UQ」もAUとくっ付いて、携帯電話を事業で、キャリアとMVNOの中間的な役割を担っています。 ドコモだけは、子会社の様な企業を持っていません。

当時、ガラ携でしたので、テザリング機能が使えませんでしたが、現在は、キャリアはもちろん、MVNOでも「テザリング機能」が使えますので、モバイル無線LANルーターが無くてもWiFi仕様のノートPC、タブレットでも、ネットワークに接続して使えます。通信データ量を大量に使用する方くらいしか、モバイル無線LANルーターは、使われなくなっていると思います。 あとは、家に、光などネット回線を引くのが面倒な方などは、回線スピードが速いので重宝しています。

Sponsored Links





対象機種、USIM
D01HW D01NE D01NX
D01NX II D02HW D02NE
D02OP D03HW D11LC
D12HW D12LC D21LC
D22HW D23HW D24HW
D25HW D26HW D31HW
D32HW D33HW D41HW
GL03D D21HW D21NE
3G用USIM GP03 EM・ONE
(S01SH)
EM・ONEα
(S01SH II)

イー・モバイルの3G回線対応端末を利用しているユーザーに対し、8月14日から順次「Pocket WiFi 607HW」が無償で送付されるそうです。

尚、無償アップグレードを必要としない利用者は、2017年7月31日(月)までに上記サイトから「受け取らない」旨の申告が必要です。

対象機種、料金プランなどは、下記のサイトで確認できます。

・ワイモバイル サイト
http://www.ymobile.jp/support/relief/nwinfo/exchange/

Sponsored Links











コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*