Googleが、マップ上の位置情報をピンポイントで、固有コード化するWEBサービス「plus+codes」をリリース

2015年8月13日、
Googleが、マップ上の位置情報をピンポイントで、固有コード化するWEBサービス「plus+codes」をリリースしたました。

「plus+codes」は、住所や地図座標などが付加されていない場合、コードで任意の位置をピンポイントで表示すことができるので、自分の現在地や目的地、対象となっている場所などを相手に伝える際に非常に便利なコードを生成してくれるサービスです。

「Googleマップ」などでは、 地図を共有する機能があり、地図を埋め込む為のリンクを作成する事も出来ますが、これは、サイトで場所を指定し、十数桁のコードを生成して、メールなどで相手に送れば、相手はGoogleマップを開いて、検索窓に、コードを貼り付けるだけで、場所を表示できますので、特に住所などの不明な場所でも、ピンポイントで表現できますので便利です。
Sponsored Links



1)「plus+codes」サイト :http://plus.codes/

plus_+codes_000

「plus+codes」サイトで、場所を指定すると緯度経度を元にして作成された英数字が生成されます。

例えば、札幌駅、西口1階の「スタバ」を指定すると、生成されたコード:8RM3389X+7VH

2)「Googleマップ」 サイト

plus_+codes_002

生成されたコード:8RM3389X+7VH を「Googleマップ」を開いて、入力すると正確な位置が、ちゃんと表示されています。

3)「plus+codes」サイト

plus_+codes_003

画面上、中央の「plus+codes」左側のマークをクリックすると、メニューが表示されます。

Languageに日本語は有りませんが、大丈夫です。

なんと、「Google Maps」はもちろん、「Bing Map」も表示することが可能です。

対応ブラウザ
IEはダメです。 Firefox、Chrome、OperaならOKでした。

Sponsored Links


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*