バッファローが、従来製品よりCPU性能アップで最大スループットを向上させた、Wi-Fiルーター(無線LAN親機)「WSR-2533DHP2シリーズ」を2018年9月下旬に発売すると発表

2018年07月25日、
バッファローが、従来製品よりCPU性能アップで最大スループットを向上させた、Wi-Fiルーター(無線LAN親機)「WSR-2533DHP2シリーズ」を2018年9月下旬に発売すると発表しました。  価格は、14,300円(税抜)。

本体サイズ:160×160×37.5mm(幅×奥行×高さ)、重量:382g。

CPU強化により、最大スループットが、大幅に向上しています。

・通信速度が、約54~56%向上している。
下りが647Mbpsから1046Mbps、上りが669Mbpsから1001Mbps

<特徴>
・iPhone X / 8 / 8 Plusなどとの通信を安定・高速化する「ビームフォーミング」機能と、iPhone 5 / 5s / 5cなどとの通信を安定・高速化する「ビームフォーミングEX」機能に対応しており、室内を移動するスマホ・タブレットの位置や距離を判別して電波を適切に届けます。

・来客時に家庭内のパソコンなどへのアクセスを制限しながらもインターネット接続を一時的に提供できる「ゲストポート機能」を搭載。

・利用時間帯を制限してお子様のインターネットの使い過ぎを防ぐ「キッズタイマー」を搭載。

・商品サイト
http://buffalo.jp/product/wireless-lan/ap/wsr-2533dhp2/


Sponsored Links




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください