2019年、WRC(世界ラリー選手権)第1戦モンテカルロの戦いも終了しました。

2019年、WRC(世界ラリー選手権)第1戦モンテカルロの戦いも終了しました。

1.WRCチーム体制

●トヨタ/TOYOTA GAZOO Racing WRT
●Mスポーツ・フォード
●シトロエン/シトロエン・レーシング
●ヒュンダイ/ヒュンダイ・モータースポーツ

上記の4メーカーなのが、ちょっと寂しい処です。 日本のスバル インプレッサ、三菱 ランサーあたりが、参戦すれば、もっと面白くなるのではないかと思います。
ホンダも「Fit」あたりをWRC仕様にして、戦ってくれると、感激ですが。。。。

2.まずは、速いドライバーから、移籍状況

1)セバスチャン・オジエ(34歳) :シトロエンC3 WRC
フォードのMスポーツから、古巣「シトロエン」へ移籍してしまいました。

この方は、やはり、クルマが替わっても、速いのです。天才なのか、苦労人なのか? とにかく、速いのです。

2)セバスチャン・ローブ(43歳) :ヒュンダイi20クーペWRC
2004~12年WRC王者 セバスチャン・ローブは、今季「ヒュンダイ」からパートタイムで参戦(6戦)することになったようです。

ダカールラリーを終えての参戦です、忙しい、元王者です。オジエより10歳も年上です。

3)クリス・ミーク :ヤリスWRC
「シトロエン」から、TOYOTA GAZOO Racing WRTへ

3.第1戦モンテカルロの戦いは、

Pos. No. Driver Machine Time
1 1 S.オジエ シトロエンC3 WRC 3h21’15.9
2 11 T.ヌービル ヒュンダイi20クーペWRC 0’02.2
3 8 O.タナク トヨタ・ヤリスWRC 2’15.2
4 19 S.ローブ ヒュンダイi20クーペWRC 2’28.2
5 10 J.ラトバラ トヨタ・ヤリスWRC 2’29.9
6 5 K.ミーク トヨタ・ヤリスWRC 5’36.2

シトロエンの「セバスチャン・オジエ」が、最終ステージまでもつれたヒュンダイ・モータースポーツの「ティエリー・ヌーヴィル」との死闘を制して、わずか2.2秒差というモンテ史上もっとも僅差のタイムで逃げ切り、6年連続優勝を獲得することになったようです。

雪が少なく、ドライ「ターマック」の路面に、路肩に雪、路面が一部凍結状態のコンデションで、一番、走りにくい状態だったのではと思います。

例年の雪の降りしきる「チェリニ峠」でのイタリアとフランスの白熱の応援合戦は有ったのでしょうか?

ヨーロッパの文化は、日本とちょっと違います。 時速150Km以上のスピードで駆け抜けるWRCカーに声援を送ります。 うまくドリフト状態を決めて、コーナーを駆け抜ければ、大きな拍手が湧き、スピンしてスタックすると、いつの間にか、人が湧いてきて、みんなで救出作業を手伝います。

私も、北海道で、スノードライブは、十分と経験していますが、YouチューブでWRCの動画を観ていると、あっ!もうダメ。。。と思っても、アクセル全開のまま、コーナーを曲がってゆく姿は、いくら車の性能が違うからと云っても、人間業ではないような気がします。

なんだ! その走り方は? 私の辞書には、全く無いのです。そのスピードレンジは。。。

WRC第2戦の「ラリースウェーデン」は、219年2月14~17日に開催です。

Youチューブサイトで、キーワード「WRC 2019」と入れると、モンテでの戦いが、沢山、観れますので。。。。

Sponsored Links




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください