世界ラリー選手権(WRC)で、シトロエン(Citroen)が、2019年限りで同活動を休止すると公表

2019年11月20日、
世界ラリー選手権(WRC)で、シトロエン(Citroen)が、2019年限りで同活動を休止すると公表しました。

CITROËN C3 WRC

どうやら、「セバスチャン・オジエ」が、2019年シーズン終了直後にシトロエン・レーシングを離れると決断したことを受けての事です。

2019年、フォードの「Mスポーツ」から、古巣「シトロエン」へ移籍しましたが、タイトルを逃してしまいましたので、2020年、今度はトヨタへの移籍が濃厚とされており、何としてもタイトルを取りたいのでしょう。

トヨタは今季王者となった「オット・タナク」を失うことが決まっている(タナクは来季ヒュンダイへ移籍します)。

下記の4チームだけなのに、1チーム減ってしまいます。

●トヨタ/TOYOTA GAZOO Racing WRT
●Mスポーツ・フォード
●シトロエン/シトロエン・レーシング
●ヒュンダイ/ヒュンダイ・モータースポーツ

今年のWRCは、森林火災によって選手権の今季最終ラウンドの「ラリー・オーストラリア」がキャンセルされたことで、ヒュンダイは2012年末のチーム創設以来、悲願となっていたマニュファクチャラー王座を最終戦を戦うことなく獲得することになっています。

私の場合、WRCは、どのチームが勝っても、かまいません。 全部、ひいきですので、全チーム応援します。

ちっちゃい車を作っている会社は、世界でまだ数社ありますので、ぜひ参戦してほしいものです。「ホンダ」なんかどうでしょう。FITかシビックで参戦なんて。。Fitの「タイプ R」を作って。

現在のWRCは昔のグループBのようなモンスターマシンは無いが、コース上を走っている姿は、キビキビと、タイトコーナーを曲がってゆく姿は、本当に楽しいです。

今期も、「セバスチャン・ローブ」おじさんが、スポット参戦していい成績を残していますので、9歳若い「セバスチャン・オジエ」もあと10年位、頑張れるのではないかと思います。

いずれにしても、WRCでシトロエン「C3 WRC」が見れなくなるのは、なんとも寂しい限りです。

関連記事
2019年、WRC(世界ラリー選手権)第1戦モンテカルロの戦いも終了しました。
WRC(世界ラリー選手権)を戦うメーカー4社の2018年仕様のマシンがお披露目されていますのでまとめておきましょう。
来年のWRC世界選手権は、ちょっと面白くなる。 WRCの絶対王者セバスチャン・ローブ(43歳)が、「3戦くらいスポットで、古巣シトロエンの「シトロエンC3 WRC」で復帰する様
2017年の世界ラリー選手権で、Mスポーツのセバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC)がタイトルを確定 おめでとう!!。

Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする