ASUSが、HDMI端子に直接挿して使えるスティック型Windows PC「ASUS VivoStick TS10」を4月8日に販売を開始すると発表

2016年4月6日、
ASUSが、テレビなどのHDMI端子に直接挿して使えるスティック型Windows PC「ASUS VivoStick TS10」を4月8日に販売を開始すると発表しました。
予想実売価格:2万1500円(税込み)前後。

スマートフォン、タブレットを無線LAN経由の接続でマウス、キーボードとして使えるのは、いいですね。又、端末に保存してある動画、写真、ゲームなどを大画面にキャストできますので、パソコンとしての使用と色々な使い方が、できるのがポイントです。

Sponsored Links





ASUS_VivoStick_TS10_001

インターフェース
HDMIポート×1、USB 2.0ポート×1、USB 3.0ポート×1、マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボジャック×1を装備。

スペック

製品名
ASUS VivoStick TS10
型番
TS10-B016D
搭載CPU インテル Atom x5-Z8350 プロセッサー(1.44GHz)
グラフィックス機能 インテル HD グラフィックス(CPUに内蔵)
搭載メモリ
2GB
搭載ストレージ
eMMC 32GB
無線LAN機能
IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth機能
Bluetooth 4.1
搭載OS
Windows 10 Home 64ビット
サイズ
幅139mm×奥行き36mm×高さ16.5mm
質量
約75g

製品の特長
1)テレビのHDMI端子などに挿して使用するスティックタイプのWindows PCです。

スティックタイプの小さな 本体ですが、OSには通常のWindows 10 Homeを使用し、一般的なデスクトップPCやノートPCと同じように使用できます。

2)スマートフォンやタブレットをマウスとキーボードの代わりに使える

AndroidおよびiOSに対応する「VivoRemote」アプリケーションを使えば、スマートフォンまたはタブレットをマウスやキーボードと して使用できます。接続は無線LANで行い、マウス操作とキー入力のほか、動画再生時の再生開始や一時停止といった操作も可能です。VivoRemote アプリケーションは、Google Play、App Storeからダウンロードできます。

3)スマートフォンやタブレットの画面をテレビに表示できる

Androidのキャスト機能、iOSのAirPlay機能に対応する「HyStream」ソフトウェアを付属しており、スマートフォンやタブ レットに保存してある動画や写真やゲームなどを大画面で楽むことができます。
・Android搭載端末の場合
画面をHyStreamのウィンドウ内にそのまま表示することが可能です。

・iOS搭載端末の場合
動画データ、写真データ、音楽データの3種類をHyStreamのウィンドウ内で再生することが可能です。

4)PCの操作を簡単にする「VivoRemote Center」をプリインストール

VivoRemote Center」は、Windowsでスマートフォンのような操作感を実現するWindows用インターフェースソフトウェアです。
アプリケーションなどへ のショートカットを画面上にタイル状に並べることができ、タイルをクリックするだけでアプリケーションなどを起動できます。グラフィカルで分かりやすいイ ンターフェースなので、PCが初めての方でも簡単にPCを使うことができます。無線LANやBluetoothの設定用タイルもあり、自分で好きなアプリ ケーションを登録して使用することも可能です。

関連記事
インテルが、スティック型PC「Compute Stick」の上位モデル「STK2M3W64CC」を発売開始

Inteln純正のスティック型PC「Compute Stick」が発売、その他スティック型PC色々
テックウインドが、Windows 10を搭載した「キーボードPC WP004」を発表
マウスコンピューターが、「Windows 10」搭載のスティック型PC  「MS-NH1-W10」を発売
Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*