生物学一覧

【書籍紹介】細胞とはなんだろう 「生命が宿る最小単位」のからくり   武村 政春 (著)

講談社の「ブルーバックス」シリーズの1冊です。 自然科学系の書籍を読もうとすると、これが一番、手頃で読みやすいですね。 読みやすいと言っても、中々、難解な書籍もあります。 人体に約37兆個存在する「細胞」のお話ですが、細胞の中には、どんなものが格納されているのか、高校の生物の授業を思い出しますが、生物の授業より高度です。