Microsoftが、Microsoft Translator と Skype 翻訳で、AIを活用した日本語をテキスト翻訳、音声翻訳の双方が可能なサポート言語として追加

2017年4月7日、
Microsoftが、Microsoft Translator と Skype 翻訳(Skype Translator)において、AIを活用した日本語をテキスト翻訳および音声翻訳の双方が可能なサポート言語として追加しました。

日本語を話す人々は、既にサポートされている9言語(アラビア語、中国語(マンダリン)、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、スペイン語、ロシア語)を話す人々と、リアルタイムに日本語で対話ができるようになります。

果たして、「外国人観光客」を相手に、「日本人」が使いこなせるでしょうか。。楽しみです。

Sponsored Links




機能

1)Microsoft Translator アプリ(Windows、Android、iOS 版)の Microsoft Translator ライブ機能 を活用して、自分のデバイスやブラウザ上で、対面型のリアルタイムの翻訳が可能になります。

※Microsoft Translator アプリ(Windows、Android、iOS 、amazon)ダウンロード
http://translator.microsoft.com/apps/

※Microsoft Translator サイト
https://translator.microsoft.com/

2) Skype 翻訳(Skype Translator) の機能
Skype for Windows と Skype Preview for Windows 10 で提供される Skype 翻訳(Skype Translator) の機能により、他の Skype ユーザーや電話 (SkypeOut の購入が必要)を通して、自分の言語と他言語をリアルタイムに翻訳した通話を行なうことができます。

3)Microsoft Translator 音声 API
開発者は、Azure で提供される Cognitive Services API ファミリーである 「Microsoft Translator API」 を自身のアプリやサービスに統合できます。

「TrueText」技術を用いた2段階翻訳の仕組み

音声翻訳は、マイクロソフトの独自技術 TrueText によって音声認識用と機械翻訳用の 2 つの異なるタイプの AI を組み合わせることで実現されます。TrueText は認識された音声を機械翻訳で翻訳可能な形で変換します。

※Microsoft Translator 音声 API サイト
https://www.microsoft.com/ja-jp/translator/speech.aspx

4)Microsoft Translator PowerPoint アドイン
新たにリリースされた Microsoft Translator PowerPoint アドイン (preview版) により、PowerPoint から Translator のライブ機能を直接使用することで、リアルタイムでプレゼンテーションに字幕を付けることができます。

※Microsoft Translator PowerPoint アドイン (preview版)
http://www.aka.ms/translatorlivePPT

関連情報
機械翻訳の仕組み(英語)
Translatorを使い始める

アプリのダウンロード(Windows、iOS、Android、Kindle)
Microsoft Translator ライブ機能の使い方(YouTube)

Sponsored Links
















コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*