MacでWindowsアプリを動かす4つの方法について紹介します。


Sponsored Links




2.「Boot Camp」を利用してWindowsをインストールする(デュアルブート方式)

2006年にIntel製CPUを搭載したMacが登場して、2007年10月にリリースした「Mac OS X v10.5 Leopard」には、Mac上でWindowsを起動できるソフトウェア「Boot Camp」が標準機能として組み込まれています。

Boot Camp上で動かすより、2つのOSを同時に動かす「仮想化ソフト」の方が、高スペックを要求されますので、私の場合は、もっぱら、この方法を使用して、「Windows7」を入れたり、現在は、次期OS「Windows10のプレビュー」版を入れて、Windows10を試しています。

Mac側に全く影響を与えないように、パーテーションを切り動かすのが、一番、安全な方法だと思っていますので、しかも、Windowsは別途必要ですが、「Boot Camp」自体ははタダで手に入りますし、Windows側で使用するドライバー類まで用意されていますので「Good!!」です。

1)「Boot Camp」

「Boot Camp」アシスタントというソフトウェアがガイドして、Windowsをインストールしてくれる。

Intel MacでWindowsをネイティブに動かすために、AppleがMacで提供しているソフトウェア「Boot Camp」です。
ブートローダやデバイスドライバー、パーティションツールで構成されたWindows導入パッケージで、Windowsマシンとして動作する。但し、「Windows」のライセンスは当然必要で、「Mac OS」との切り替えには再起動する必要があります。
「Boot Camp」はタダで手に入りますが、OSは、標準パッケージのWindows、DSP版を購入する必要があります。

デメリット
MacとWindowsをデュアルブートとして利用するため、Mac OSとWindows間のデータ連携に難がある。
WindowsからMacのパーティションの参照、MacからはFAT32であれば可能、NTFSでは別途ツールを利用すれば可能です。

—————————————————————————————-

追記> 2015年2月1日
Windows 10では、標準でオープンロスレスコーデックのFLACに対応、Appleロスレスにも対応しています。
ですので、CDからiTunesで、Appleロスレスで取り込んだ音楽ファイルをWindows 10テクニカルプレビューの「Xbox Music」 アプリで再生できます。 デュアルブートでWindows10を起動していても、MacOSXのファイルシステムに手を突っ込むソフトが有りますので、それを利用すれば、Mac側 のiTuensで管理している音楽ファイル(Appleロスレス)をWindows10側でも再生できるようになったと云う事になります。 ちょっとだ け。。。便利になります。
—————————————————————————————-

追記> 2015年3月24日
2015年3月に「MacBook Air」と「MacBook Pro」 13インチRetinaディスプレイモデルが発表になっていますが、Early2015モデルでは、Boot CampでのWindows 7がサポート対象外になっています。

Boot Campを使うなら、Windows 8以上です。 私の場合、2014年モデルで、Windows 10テクニカルプレビュー版をもう使っていますが。。。。問題ありません。

—————————————————————————————-

追記> 2015年8月12日
Windows 10 に対応した Boot Camp 6 がリリースしました。

・「Boot Camp を使って Mac で Windows 10 を使う」 Appleサイト
https://support.apple.com/ja-jp/HT204990

—————————————————————————————-

注意事項
WindowsのインストールCDには制限があります。
別途、下記の要件を満たした「Windows OS」を購入しないと使えません(当たり前ですが。。。。。)。
1)各OSのバージョン、23,64版かをチェックする必要があります。
例えば、Windows8は64Bit版しかダメです。
2)標準インストール版であり、アップグレード版やOEM版ではないこと。 DSP版はOKです。
尚、「Windows Vista」も正式サポートしています。

・Boot Camp:「Microsoft Windows オペレーティングシステムのシステム条件」
http://support.apple.com/ja-jp/HT5634

Boot Campのダウンロードとインストール手順
ダウンロードページは英文ですが、日本語の「インストール&設定ガイド」もダウンロード可能。
作業手順は次のようになる。
1)Boot Campのダウンロード
2)Mac OS Xのアップデート
3)Mac本体のファームウェアのアップデート
4)「Macintosh Drivers CD」の作成
5)Windows用パーテーションの作成
6)Windowsのインストール
7)Mac用ドライバのインストール

3)~5)の作業は、「Boot Camp」アシスタントというソフトウェアがガイドしてくれる。

・Boot Camp Support ページ
http://www.apple.com/jp/support/bootcamp/

・ファームウェアのアップデートは下記のサイトより。
http://images.apple.com/support/downloads/

関連記事
MacBook Airに、Boot Campを使ってWindows 10 Technical Preview 版を入れてみる


Sponsored Links




次のページは、3.互換性のあるレイヤーを用意し、APIレベルで差異を吸収する方法