Piriform Limitedが、システムクリーナーソフト「CCleaner」のVer5.36を公開

2017年10月24日、
Piriform Limitedが、システムクリーナーソフト「CCleaner」のVer5.36を公開しました。

9月に一部のインストーラーが改竄されてしまいましたが、そのための対策がなされています。

Sponsored Links





主な機能
・クリーナー機能 :Windowsや各種ブラウザの履歴、キャッシュ等のクリア。
・レジストリ   :レジストリも一気に最適化してくれます。
・ツール     :インストール情報(削除機能)、スタートアップの管理、ブラウザプラグインの管理
・ディスク解析
・重複ファイルファインダー
・システムの復元
・ドライブデータの抹消

修正内容
緊急アップデート(Emergency Updater)機能が追加されました。
2017年9月に発覚した「改竄事件(Windows向け32bit版インストーラー)」を受け、それに対するセキュリティ対策の一環です。

「Emergency Updater」機能は、緊急セキュリティアップデートが利用可能かどうかを定期的にチェックします。 存在する場合は、更新を直ちに適用します。 チェックは1〜2 KBのデータのみを送信し、一般的には緊急アップデートは約500 KBの差分パッチで構成されます。

  • 新しい実行可能ファイルを追加: “CCUpdate.exe”
  • 新しいWindowsスケジュールタスク: “CCleaner Update”を追加

ブラウザのクリーニングルールの更新
Firefox:
Firefox 56.0の変更をサポートするためのセッションクリーニングルールの更新

・Chrome(&Chromium):
ユーザーのアクティビティデータを消去するためのインターネット履歴のクリーニングルールの更新

Opera:
ユーザー活動データを消去するためのインターネット履歴の更新ルールの更新

対応OS
Windows XP、Vista、7、8、8.1、10

・CCleaner  ダウンロード
http://www.piriform.com/ccleaner/download

追記】 2017年9月20日
「CCleaner」のWindows向け最新版v5.35を公開しています。

Windows向け32bit版インストーラーが、改ざんの被害に遭い、ユーザー情報を外部送信するマルウェアが混入したことが明らかにされていましたが、対策版がリリースしました。

改ざんされたのは、下記のWindows向け32bit版です。
・8月15日に公開された「CCleaner」v5.33.6162
・8月24日に公開された「CCleaner Cloud」v1.07.3191

関連記事
Obit社が、Windows用の不要なアプリを一括でアンインストールできるアプリ「IObit Uninstaller」の最新版v7を公開
Windows 7の「ディスク クリーンアップ」ウィザード アドオン処理で不要になったWindows Update (更新プログラム)のファイルを削除することが可能

Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*