工事不要の据え置き型ホームルーターを導入するなら「SoftBank Air」、「UQのSpeed Wi-Fi HOME L01」のどっちが良い?

本日は、工事不要の据置型ホームルーターを導入するなら「SoftBank Air」、UQの「Speed Wi-Fi HOME L01(最新機種)」のどっちが良い?


Sponsored Links




モバイルタイプのWiFiルーターは、以前からありますが、据え置き型ホームルーターは、2015年の初め頃、ソフトバンクが、「SoftBank Air」を出したのが初めてではないでしょうか。 その後、UQもWiMAXを使った「URoad-Home2+」をリリースしました。

工事をしないで、本体の電源コードをコンセントにさせばインターネットに接続できるという最大のメリットは存在しますが、ユーザーはそんなことだけでは満足しません。

■速度は、どんだけ出ているの?
スピードなら「Speed Wi-Fi HOME L01(最新機種)」でしょう。

■利用、料金は(契約期間は)?
容量無制限なのは、SoftBank Air」です。でも、契約期間に注意です。

■地域、場所は?
使えるかどうかは、各社、チェックできるサイトがありますので大丈夫ですが、何メガのスピードが出るかどうかは、実際に設置しないと分かりません。

など、このサービスを利用するに当たって、確認したいことが、たくさんありますよね。

確認と云っても、実際に、その場所で、速度を計測しないと、こればかりは分かりませんし、時間帯によっても、速度は変化しますので、注意が必要です。

ただ速い回線で使い放題を望むなら、「光回線」を契約すれば、良いだけです。

でも、こんな例もあります
私の知っているNTTの「光回線」を使っているサービスで、札幌市西区の手稲山の裏側にあたる西野と平和の境目くらいにある知人宅では、速度が、どう頑張っても、3から5MBくらいしか出ない場合もあります。 ちょっと信じられませんが、何度計測してもこんなもんです。

このサービスを利用する方は、工事はめんどくさい、外出先で使う為に持ち運ぶことも無い、「光回線」ほど速度が出ていなくても良い。 「光回線」より少し安ければ良いか。。。みたいな人に、丁度いいと思います。

1.「SoftBank Air」

なんといっても、良いところは、データ使用容量が無制限なところです。

パソコンで、「Windows 10」などで、初めて、有線でインターネットに接続する時など、何にも、プロバイダーの設定とかは不要です。LANケーブルをパソコンと接続すると、「Windows 10」側で、このネットワークを接続しますか? と聞いてきますのでOKすれば、もう、ネットワーク接続は終了です。 もちろん、無線LANでつなぐときは、該当のSSIDのパスワードを入力すれば繋がります。

どんな回線を使用しているの?
WAN側にソフトバンクグループのWCP(Wireless City Planning)株式会社が提供する「AXGP回線」を利用する仕組みですので、FTTHなどの有線工事を必要としません。
WCP株式会社は、ウィルコムが所有していた2.5GHz の周波数帯を利用する広帯域移動無線アクセスシステム「XGP」事業を承継することを目的に設立された通信事業会社です。
現在、ソフトバンクモバイルが提供する高速データ通信サービス「SoftBank 4G」が「AXGP回線」です。

おいおい、携帯の回線と同じかよ! と思うと、使い放題でスマホのデータ通信に影響ないのか? と考えてしまいます。 数年前まで、スマホのトラフィックが増大して、回線が逼迫してたんじゃなかったのか?。。。と

広帯域移動帯通信が発達してくれば、わざわざ、自宅まで光ファイバー配線を引き込む為の工事が不要のサービスで十分ですとなるのでしょうか。

評判を聞くと、携帯の回線と同じですので、夕方から夜の時間帯は、かなり速度が遅くなる様です。 だたこれも、都会と田舎では、時間帯の影響も違うのではと思います。

料金
契約は機器を「レンタル」するか、「分割で購入」するか選べますが、分割の場合。

2年間は、月額3,800円ですが、3年目から割引が無くなりますので、月額4,880円になってしまいます。しかも、本体代金の支払いは1620円×36カ月の3年払いと決められてますので、3年未満で解約すれば、機器の残債を支払う必要が有ります。

ですので、2年間は、月額3800円だが、高くなっても3年以上使え。。という事です。

契約プランは2年更新なのに、なぜ本体代金の支払いは3年なのか?

契約は2年更新なので、本体代金の支払いが終わった3年目に解約すると更新まであと1年あるので、解除料の9,500円を支払ってくださいねという事です。

ですので、解約料を支払わずに契約を終了するには、4年間使ってくださいという事です。

うまい契約方法でしょう、契約は2年だけれど、機器の契約を3年にすれば、解約料金を支払いたくなければ、実質4年間使わなくてはならない羽目になる。

もちろん、実質、4年間使うのであれば、何も問題は無いでしょうが。。。

 

・「SoftBank Air」 ソフトバンク サイト
https://www.softbank.jp/ybb/special/air/

2.「Speed Wi-Fi HOME L01」 UQ

UQコミュニケーションズ「UQ WiMAX」にて販売していて、最新機種は、下り440Mbpsの据え置き型WiMAX 2+ルーター「Speed Wi-Fi HOME L01」になります。

2.4GHz帯と5GHz帯同時に利用可能で、それぞれ20台ずつ、最大40台まで同時に接続できる。有線LANポートも2つ搭載する。

場所にもよるが、概ね、「SoftBank Air」より、はるかに速いです。

どんな回線を使用しているの?

WiMAX 2+で下り最大440Mbps、上り最大30Mbps(理論値、対応エリア内の場合)。
4G LTEは800MHz帯と2GHz帯をサポートし、下り最大225Mbpsにて利用可能。

<料金>

本体は、UQコミュニケーションズだと、2,800円で提供されています。
キャンペーンで初期費用0円、最新ルーターも0円!という時もあります。

料金プラン(2年契約の場合)
プラン名 WiMAX 2+ フラット for DATA EX WiMAX 2+ フラット for DATA
月額基本料 4,880円
25カ月目まで4,380円
4,196円
25カ月目まで3,696円
容量制限 WiMAXのみ利用時(ハイスピードモード):無制限
LTE利用時(ハイスピードプラスエリアモード):月間7GB
月間7GB

月間7GBを超過すると128kbpsに速度制限がされます。

「SoftBank Air」と違い、WiMAX2+の契約期間は2年間です。自動更新です。

速度が速くて、2年満期で料金が発生しないで解約できまので、これがが良いのなら、断然、UQでしょうね。

・Speed Wi-Fi HOME L01  UQ サイト
http://www.uqwimax.jp/products/wimax/home_l01/


Sponsored Links




関連記事
SIMフリーの無線LANルーターとSIMフリーのホーム用無線LANルターについて、いくつかまとめて記載

ソフトバンクが、工事不要! 置くだけで使い放題のインターネットに繫がる「SoftBank Air」の提供を開始すると発表

UQコミュニケーションズが、WiMAX 2+対応の据置型ホームルーター「URoad-Home2+」を発売

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*