UQコミュニケーションズが、WiMAX 2+対応の据置型ホームルーター「URoad-Home2+」を発売

UQコミュニケーションズが、WiMAX 2+対応の据置型ホームルーター「URoad-Home2+」を3月13日に発売開始します。
Sponsored Links





ソフトバンクBBが、2014年12月12日より、宅内機器を設置するだけで回線工事等を行うこともなく、すぐに接続できる、使い放題の高速インターネットサービス「SoftBank Air」の提供をそっと開始していますが、UQコミュニケーションズもモバイル無線LANルーターではなく、初めて据え置き型のホームルーターをリリースしてきました。

スペック
・通信速度 :WiMAX 2+が下り最大110Mbps/上り最大10Mbps、WiMAXが下り最大40Mbps/上り最大10Mbps。
ただし、WiMAXについては現在、エリアごとに下り最大速度が13.3Mbpsに減速される措置が順次行われている。
・最大同時接続数:計18台(有線LAN2台、無線LAN16台)
・有線LANポート:2ポート、100BASE-TX/10BASE-T対応。
・無線LAN   :IEEE 802.11a/b/g/n対応
・本体サイズ  :約140×170×53mm(アンテナ除く)。重量は約311g(アンテナ含む)。

・利用料金 「UQ Flatツープラス ギガ放題」
http://www.uqwimax.jp/lp/plan/gigahodai/

・「URoad-Home2+」は、現在、WiMAXサービスを利用していている方が契約解除料、登録料、デバイス代金を無料でWiMAX 2+対応デバイスに交換できる「WiMAX 2+ 史上最大のタダ替え大作戦」の対象となります。
http://www.uqwimax.jp/lp/tadagae/

・URoad-Home2+ 製品サイト
http://www.uqwimax.jp/service/product/model52/

関連記事
ソフトバンクが、工事不要! 置くだけで使い放題のインターネットに繫がる「SoftBank Air」の提供を開始すると発表
Sponsored Links





コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*