MediBangが、「週刊少年ジャンプ」公式のマンガ制作アプリ「ジャンプPAINT by MediBang」の最新版v3.0をリリースしました。 無償で使用できます。

2018年3月7日、
MediBangが、「週刊少年ジャンプ」公式のマンガ制作アプリ「ジャンプPAINT by MediBang」の最新版v3.0をリリースしました。 無償で使用できます。

『少年ジャンプ』の人気作品で使われているお馴染みの「フキダシ」や「描き文字」を素材として追加していますので、クラウドからダウンロードして[素材]パネルからイラストへ簡単に挿入できるようになったようです。

MacやiOS、Android端末でも使用できます。

新機能
・ジャンプ人気作品で使用されているジャンプ専用素材を追加。
・ジャンプルーキー投稿作品のネットワークパネル表示に対応。
・バケツと自動選択の隙間閉じ機能を追加。
・マンガプロジェクトの一括書き出し機能を追加。
・フィルターにトーンカーブを追加。
・レイヤーブレンド「除算」を追加。
・レイヤーの種別にマスクとステンシルを追加。

改善
・MDPファイル保存時の安定性を向上しました。
・ハーフトーンレイヤーを含むMDPファイルを一括書き出ししたときの挙動を改善。
・キャンバスが回転している状態でもテキストレイヤーが移動できるように改善。
・漫画原稿のテンプレートを見直しました。
・対角を固定した変形ができるよう改善しました。テキスト入力時に文字のふちがきれいになるように改善。
・キャンバスが開いていないときに操作のヒントを表示するよう改善。
・キャンバスの書き出し先にクリップボードを選択できるように改善。
・変形時に左右反転できるように改善。
・範囲選択外のハイライトのON/OFFを切り替えられるよう改善。
・ファイルメニューから画像をレイヤーとして開けるように改善。
・高DPIディスプレイでのダイアログやウィンドウの表示を改善。

修正
・一部の処理で砂時計カーソルに変化しない不具合を修正。(win10)
・ナビゲーターの画質が劣化する不具合を修正。
・ブラシスクリプト処理時の不具合を修正。
・TabletPC APIの入力時に入り・抜きのダマができる不具合を修正。
・グラデーションツールでのスナップ不具合を修正。
・メッシュ変形時の不具合を修正。
・設定をクラウドに同期するときに失敗することがある不具合を修正。
・ロックしたレイヤーが選ばれているときテキストが追加できない不具合を修正。
・キャンバスを回転した状態で操作ツールを使用したときに意図しない動作をしていた不具合を修正。

対応OS
Windows 7/8/8.1/10

・ダウンロード
https://medibangpaint.com/jumppaint/


Sponsored Links




関連記事
Krita財団が、OS X/macOSをサポートしたペイントソフト「Krita」の安定版v3.3.3をリリース

「iOS 11」で、生成されるHEIC画像をJPEG/PNG形式へ変換できる無料ツール「iMazing HEIC Converter」

The GIMP Teamが、画像編集ソフト「GIMP」v2.8.22を公開

ピージ―エヌが、Windows/Mac 両対応の無償のペイントソフト「FireAlpaca」最新版v1.7.0を公開

Microsoft社が、iOS版のスキャナーアプリ「Office Lens」に「イマーシブ リーダー」機能を搭載して公開

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.