エプソンが、大容量インクと低印刷コストを両立したビジネスインクジェットプリンターモデル3機種を含む計5機種を発売すると発表

2018年7月5日、
エプソンが、ビジネスインクジェットプリンターの新商品として、大容量インクと低印刷コストを両立した「ビジネスインクジェットLモデル」3機種を含む計5機種を、2018年7月19日より発売すると発表しました。

エプソンは、数年前、インクジェットプリンターに大容量インクを搭載するようになりましたが、小規模な事務所で、毎月、請求書・封筒宛名書きなどを数百件程度印刷する場合、インクが半年以上持ちますので、とても便利です。 いつ無くなるるんだろうと心配になるくらいです。

もう、小規模な事業所では、小さな会社に似合わない様な、大きな複合機は必要ないかもしれません。 電気代、インク代も安い、こんなビジネスインクジェットプリンターで十分でしょう。

1.PX-M886FL

・商品サイト
https://www.epson.jp/products/bizprinter/pxm886fl/

2.PX-M381FL

・商品サイト
https://www.epson.jp/products/bizprinter/pxm381fl/

3.PX-S381L

・商品サイト
https://www.epson.jp/products/bizprinter/pxs381l/

<新商品ビジネスインクジェットLモデル3機種のポイント>

低印刷コスト(A4文書1枚あたりの印刷コスト(税別))
オフィスのトータルコスト削減に貢献
『PX-M886FL』 『PX-M381FL』、『PX-S381L』
カラー 約2.0円 モノクロ
約0.6円
モノクロ 約0.8円
大容量インク(本体同梱インク印刷ページ数)
印刷の手間(消耗品の発注・管理・交換)を軽減
『PX-M886FL』 『PX-M381FL』、『PX-S381L』
カラー
インク
約11,000ページ ブラックインク
約35,000ページ
ブラック
インク
約16,000ページ

<新商品5機種のポイント>

高生産・高耐久
ビジネスで求められる高生産性と高耐久を実現
・印刷スピード:約24ipm ・耐久性:15万ページ
低環境負荷
圧倒的な低消費電力で、環境にも配慮
・TEC値:0.2kWh

また、導入コストを抑えたいユーザー向けには、2月に発売したA4カラーモデル2機種「PX-M884F」「PX-S884」に、新規A4モノクロモデル2機種『PX-M380F』『PX-S380』が加わります。

消耗品の発注・交換の手間、管理工数を軽減する大容量インク

本体購入時の同梱インクで、
・『PX-M886FL』はカラーインク約11,000ページ、ブラックインク約16,000ページ
『PX-M381FL』『PX-S381L』はブラックインク約35,000ページの大量印刷が可能。

また大容量インクパックのため、インク交換の手間も軽減できます。そして、ページプリンターと比較して必要な消耗品が少ないため、消耗品の発注の手間軽減だけでなく、管理工数も削減できます。


Sponsored Links




関連記事
エプソンが、エコタンク搭載インクジェット複合機4製品を2017年9月14日より順次発売すると発表

セイコーエプソンが、カートリッジの代わりに大容量のインクタンクを採用したインクジェットプリンター3機種を発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください