セイコーエプソンが、カートリッジの代わりに大容量のインクタンクを採用したインクジェットプリンター3機種を発売

2016年1月12日、
セイコーエプソンが、カートリッジの代わりに大容量のインクタンクを採用したインクジェットプリンター3機種を2月4日から発売します。

A4カラー複合機『EW-M660FT』、A4モノクロ複合機『PX-M160T』、A4モノクロプリンター『PX-S160T』の3機種です。
一般向けのプリンターなんて、年に1度、年賀状印刷でしか使用していないのが現状です。しかし、小さな会社などでは結構、インクジェットプリンターを結構使います。

インクジェットプリンターの需要が有るのです。

なぜなら、封筒に宛名を印刷する際、複合機などの「レーザープリンター」だと、熱対策した封筒を使わないと印刷後、封筒に「しわ」が入ってしまいますので、どうしても、インクジェットプリンターになるのですが、家庭向けのプリンターでは、大量に請求書の発送に使用する封筒に印刷するのですが、インクがすぐになくなってしまいます。しかも「黒インク」しか使用しなくても、他の色のインクが無くなると、印刷できなくなってしまいす。

ですので、A4モノクロプリンター『PX-S160T』が有れば、1発で問題を解決できます。
小さい会社、教育機関などでは、本当に重宝するでしょう。

エプソンさん、良い所に目を付けて、開発してくれました。 Goodです!!!!

そろそろ、他のプリンターメーカーも、インクで儲ける時代を終わりにしないと。。。

Sponsored Links





epson_ekotank_pr_001

1)A4カラー複合機『EW-M660FT』 
http://www.epson.jp/products/ecotank/ewm660ft/

※カラーモデル『EW-M660FT』は、購入時にインクボトルを各色2本ずつ、2年分のインクを同梱し、約11,300ページ(カラーの場合)の大量プリントが可能です。

EW-M660FT_001

本体サイズ:515×360×241mm(幅×奥行き×高さ)、重量:約7.3kg。

2)A4モノクロ複合機『PX-M160T』
http://www.epson.jp/products/ecotank/pxm160t/

PX-M160T_001

本体サイズ:435×377×226mm(幅×奥行き×高さ)、重量:約6.0kg。

3)A4モノクロプリンター『PX-S160T』
http://www.epson.jp/products/ecotank/pxs160t/

大容量のエコタンク搭載で、2年間インクボトル追加購入不要。

PX-S160T_001

本体サイズ:435×267×148mm(同)、重量:約3.4kg。  価格は、2万円弱。

特徴
※接続方法は3機種共通で、有線LANと無線LANにも対応、パソコンやスマートフォンなどから、ワイヤレスでプリントができます。
カラー上位モデル『EW-M660FT』は「Wi-Fi Direct」も搭載し、無線アクセスポイントがなくても、無線LAN搭載機器と接続し通信してプリントすることが可能です。

※モノクロモデル『PX-M160T』、『PX-S160T』は、購入時にブラックのインクボトルを2本、2年分のインクを同梱し、約11,000ページの大量プリントが可能です。

関連記事
エプソンが、家庭用インクジェットプリンタの「カラリオシリーズ」の15年新モデル4機種を発表
キャノンが、インクジェット複合機「PIXUS」シリーズの2015年秋モデルを発表

Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*