エプソンが、エコタンク搭載インクジェット複合機4製品を2017年9月14日より順次発売すると発表

2017年8月31日、
エプソンが、エコタンク搭載インクジェット複合機4製品を2017年9月14日より順次発売すると発表しました。

エプソンの本体に「大容量インクタンク(エコタンク)」を搭載したインクジェットプリンター「A4モノクロプリンター『PX-S160T』」が、2016年2月に出てすぐに購入しましたが、FAX複合機で印刷できない、封筒の宛名印刷など、大変重宝しています。インクなんて、忘れていても大丈夫です。使用頻度にもよりますが、半年以上、インクを入れ替えることもありません。


Sponsored Links




計4機種
・コンパクトサイズを実現したA4対応複合機『EW-M670FT』『EW-M571T』、

・エコタンク搭載モデル初のA3対応複合機『EW-M970A3T

・ビジネス向けのA3ノビ対応複合機『EW-M5071FT』(2017年11月 発売予定)

新商品が提供する1枚あたりの印刷コストと、1回のインク交換で印刷できる枚数は下記の通り

1枚あたりの印刷コスト
(税別)
1回のインク交換で印刷できる枚数
A4
カラー
文書
A4
モノクロ
文書
L判写真
(インク・用紙合計)
カラーインク ブラックインク フォトブラックインク
EW-M670FT 約0.9円 約0.4円 約5.9円 約6,000ページ 約7,500ページ
EW-M571T 約0.9円 約0.4円 約5.9円 約6,000ページ 約7,500ページ
EW-M970A3T 約1.3円 約0.5円 約6.0円 約5,000ページ 約8,000ページ 約11,500ページ
EW-M5071FT 約0.8円 約0.4円 約5.2円 約6,500ページ 約6,000ページ

特徴
・両面印刷への高いニーズがあり、自動両面印刷機能を全機種で対応。
・EW-M5071FTとEW-M670FTは「PrecisionCore(プレシジョンコア)プリントヘッド」を搭載しており、普通紙で600dpiの高画質印刷を実現している。
・EW-M970A3T、EW-M670FT、EW-M571Tの3機種は、スクリュー式ボトルキャップを開けて挿すだけでインクを補充でき、満タンになると自動で停止する「挿すだけ満タン」インク方式を採用。

・製品ページ 商品の詳細(スペック等)は、下記のサイトを参照
http://www.epson.jp/products/ecotank/

関連記事
セイコーエプソンが、カートリッジの代わりに大容量のインクタンクを採用したインクジェットプリンター3機種を発売
エプソンが、2016年次世代カラリオ・プリンター7機種9モデルの新商品を発表しました。

Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*