アクションカメラメーカー「GoPro」が、無線LAN搭載のエントリーモデルの新製品「HERO+」を発表

2015年9月28日、
アクションカメラメーカー「GoPro」が、無線LAN搭載のエントリーモデルの新製品「HERO+」を発表しました。

米国では10月4日発売、価格は199ドル  日本での発売日は未定です。

エントリーモデル「HERO」にWiFi機能を追加搭載し、スマートフォンアプリと連携可能としたのが「HERO+」です。

ドローンに搭載しての撮影するのが良いのですが、2.4GHz帯で制御するドローンでは GoPro の WiFi と電波が干渉してしまう可能性が有ります。

昔は、スキー、スケート、陸上競技、水泳(潜ってウニとツブ採り)、カート、4輪、2輪(オフロードバイク)と、アクションカメラにピッタリのスポーツをしていましたが。。。こんな物、昔は有りませんでした。 今の時代は、いいですね!!

Sponsored Links





HERO+_001

基本性能
・動画が 1080p/60fps または 720p/60fpsに対応、静止画撮影は 8MP。
・暗所撮影機能「Auto Low Light」モードを搭載。
・タイムラプス撮影と秒間5枚のバースト撮影機能。

・広角撮影機能「Super View」
・シャッターボタンを押すだけで自動的に電源オン撮影開始する「QuickCapture」機能。
・ボタンを押すだけで動画に頭出し位置を登録する「HiLightTag」機能。

・対応する SD カードは Class10 または UHS-I 以上、最大64GB までの microSD。
・標準の防水ケースは、水深40mまで対応。
・オプションのリモコン、Smart Remote は最大180m離れた場所からカメラの遠隔操作が可能。

・GoPro 「HERO+」 サイト
http://jp.shop.gopro.com/cameras/heroplus/CHDHC-101.html

・GoPro App
http://shop.gopro.com/softwareandapp/gopro-app/GoPro-App.html


Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*