バッファローが、「IEEE 802.11ac」、「ビームフォーミング」に対応した手のひらサイズのWi-Fiルーター「WCR-1166DS」を5月上旬より発売すると発表

2016年4月6日、
バッファローが、「IEEE 802.11ac」、「ビームフォーミング」に対応した手のひらサイズのWi-Fiルーター「WCR-1166DS」を5月上旬より発売すると発表しました。

価格は5,500円(税抜)。

Sponsored Links




WCR-1166DS_002

大きさ:50×109×110mm(幅×奥行×高さ)、重さ:約139g。

WCR-1166DS_001

スペック
・2×2MIMO通信をサポート。
・通信速度は、11ac使用時で最大866Mbps、11n使用時で最大300Mbps。
・iPhone 6、iPhone 6 Plusなどの機器との通信を安定・高速化する「ビームフォーミング」に対応。
・最新のファームウェアにいつも自動で更新する「自動アップデート機能」を搭載。
・有線ポート :100BASE-TX対応のWAN×1、LAN×1。
有線LANポートを1ポート備えており、テレビやレコーダーの有線接続にも対応。

対応OS
・Windows 10/8.1/7/Vista
・Mac OS X 10.5以降およびiOS 5以降
・Android 2.2以降

・「WCR-1166DS」 バッファロー サイト
http://buffalo.jp/product/wireless-lan/ap/wcr-1166ds/

関連記事
今時の「無線LANルーター」、自分に合ったものを選ぶとしたら、何を基準に選んだら良いの?
アイ・オー・データが、電波が上下左右全方位に飛ぶ、電波の死角を作らない新技術「360コネクト」を搭載した無線LANルーター「WN-AX1167GR」を2月下旬に発売
Huawei社が、HDDを内蔵可能なホームサーバー機能搭載の無線LANルーター「honor cube」を国内向けに発売開始

家庭内への無線LAN機器の導入と「無線LANのトラブル」について

Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です