アイ・オー・データが、1万円を切る値段でWi-Fi 6対応の無線LANルーター「WN-DAX1800GR」を発表

2020年6月10日、
アイ・オー・データが、1万円を切る値段でWi-Fi 6対応の無線LANルーター「WN-DAX1800GR」を発表しました。 価格は9,800円(税別)、6月下旬より発売。 

Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)に対応は高価でしたが、そろそろ安くなり始めました。

4,5年前の無線LANルーターをお使いの方は、全然スピードが違いますので、そろそろ買い替えたほうが良いでしょう。

「WN-DAX1800GR」は、
Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)に対応し、最大通信速度は1201Mbps(5GHz接続時)または574Mbps(2.4GHz接続時)の高速通信が可能なWi-Fiルーターです。

WN-DAX1800GR

特徴
■「360(さんろくまる)コネクト」
上下・左右・奥行き全方向360度に電波の死角を作らずに電波を送受信が可能な、「360(さんろくまる)コネクト」技術を搭載しています。

■利用中のインターネット回線の接続方式を自動で判別し、適切な動作モードでインターネットにつながります。(PPPoEの場合は初回接続時にID、パスワードの入力が必要)

■「IPv6ブースト」
「IPv6(IPoE)」に対応し、独自の通信技術「IPv6ブースト」に対応しているため、「IPv6」を利用した高速なインターネット通信が利用可能です。

■「ネットフィルタリング」
ワンクリック・フィッシング詐欺やウィルス配布サイトをブロックする「ネットフィルタリング」機能を搭載しています。

■「ペアレンタルコントロール」
特定の時間だけ通信を許可する「ペアレンタルコントロール」機能を搭載。

■「ビームフォーミング」技術に対応
本商品に搭載の新技術「ビームフォーミングW」は、子機がビームフォーミングに対応していない場合も、安定した通信を実現します。

・「WN-DAX1800GR」 製品サイト
https://www.iodata.jp/product/network/wnlan/wn-dax1800gr/index.htm

関連記事
バッファローが、メッシュネットワーク対応Wi-Fi「AirStation connect」の管理アプリとして提供する「connectアプリ」に、電波の飛びを視覚的に確認できる「Wi-Fi範囲モニター」などの機能を追加するアップデートを公開

最近の無線LAN(Wi-Fi)ルーターが進化しているが、どれが良いのか? 最新Wi-Fi規格「Wi-Fi 6」って何?

バッファローが、セキュリティ機能搭載のデュアルバンドWi-Fiルーターとコンセント直挿し型の専用中継機をセットにした「AirStation connectスターターキット 」を6月上旬に発売すると発表

最近、無線LAN(Wi-Fi)ルーターで最速合戦が繰り広げられているが、トライバンドルーターって何?


Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする