バッファローが、セキュリティ機能搭載のデュアルバンドWi-Fiルーターとコンセント直挿し型の専用中継機をセットにした「AirStation connectスターターキット 」を6月上旬に発売すると発表

2020年4月22日、
バッファローが、セキュリティ機能「ネット脅威ブロッカー Premium」搭載のデュアルバンドWi-Fiルーターとコンセント直挿し型の専用中継機をセットにした「AirStation connectスターターキット:WRM-D2133HS/W1S」を6月上旬に発売すると発表しました。 
市場想定価格は3万円前後。

最近の無線LANルーターは、新機能が盛んに搭載されて、どれを選んだらよいのか迷ってしまいますが、デュアルバンド無線LAN の時代が到来し、2.4GHz 帯に5GHz 帯が追加されましたが、更にトライバンドが可能になり、2.4GHz 帯に一つ、5GHz 帯に二つの3つの接続を可能にする機器も販売され始めています。 おまけに「メッシュ」対応です。なんだそれ?

「メッシュ」対応の良い所は、
■1、2部屋などの狭い家屋では、何のメリットも無いでしょうが、マンションなど、電波が届きにくい、部屋数のある広い一軒家、マンションなどは効果があります。広いお店、広いオフィスなどで使用する時にも有効でしょう。

■中継器(アクセスポイント:ブリッジモードで動作)とは違い、1つのSSID、パスワードで、張り巡らしたメッシュネットワークを構築できますので、例えば部屋を移動中でも、SSID、パスワードが変わらず、そのまま電波状態を維持してくれます。

WRM-D2133HS/W1S

上図の商品は、セキュリティー機能を搭載したメッシュネットワーク対応Wi-Fiルーター(親機)のWi-Fi 5(11ac)5GHz 4×4デュアルバンドモデル「WRM-D2133HS」に、電源コンセント直挿し型の専用中継機「WEM-1266WP」1台をセットにした商品です。

特徴
・高速Wi-Fi規格「Wi-Fi 5(11ac)」5GHz 4×4対応
・様々な場所に設置しやすく、住まいに溶け込む筒形デザイン
・家族のネットワークを守る「ネット脅威ブロッカー Premium」搭載
・日本の主要なIPv6サービスに対応
・独自メッシュ機能で高効率なネットワーク
別売の専用中継機「WEM-1266」「WEM-1266WP」の追加により
最大で中継機9台+親機によるメッシュネットワークの構築が可能

補足
セキュリティ機能「ネット脅威ブロッカー」とは、Kaspersky社の提供する家庭のネット家電をサイバー攻撃から守るセキュリティー機能です。不正な遠隔操作やパソコン内のデータ、防犯カメラ映像など個人情報の外部流出を防ぎ、さらにご家庭の機器が踏み台にされて他者の機器をDoS攻撃することも防ぎます。

本商品搭載の「ネット脅威ブロッカー Premium」ではさらに、お子様へ悪影響を与えるようなWebサイトへのアクセスのブロックなど、より安全にインターネットを利用するための機能が含まれます。

関連記事
最近の無線LAN(Wi-Fi)ルーターが進化しているが、何が良いのか? 最新Wi-Fi規格「Wi-Fi 6」って何?

最近流行りの無線LANルーターの機能「メッシュ」対応のネットワークって、何?

ティーピーリンク(TP-Link)が、電源コンセント直差し型のメッシュWi-Fiシステム「Deco M3」を5月22日に発売すると発表

【商品紹介】TP-LINKが、TP-Linkメッシュテクノロジーを搭載したメッシュWi-Fiシステム「Deco M4 (2ユニットパック)」を、12月6日(木)よりAmazon限定で販売開始すると発表

【新商品】ASUS JAPANが、メッシュネットワークを簡単に構築できる無線ルーター「Lyra mini」とデュアルバンド無線LAN中継機「RP-AC55」を発表

ソニーネットワークコミュニケーションズが、世界最速インターネット『NURO(ニューロ) 光 10Gs』の提供エリアを北海道に拡大することを発表

Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする