ファーウェイ・ジャパンが、低価格の家庭用の無線LANルータ「HUAWEI WiFiWS5200」を12月4日に発売すると発表しました。 価格は3180円(税抜)

2019年11月27日、
ファーウェイ・ジャパンが、低価格の家庭用の無線LANルータ「HUAWEI WiFiWS5200」を12月4日に発売すると発表しました。 価格は3180円(税抜)

HUAWEI Gigahomeデュアルコア800 MHzプロセッサーを搭載し、CPUのボトルネックを解消。Wi-Fiパフォーマンスが前世代製品と比較して大幅に進化し、2.4 GHz Wi-Fiで60%、5 GHz Wi-Fiで25%向上しています。

ファーウェイは、日本国内で固定インターネット回線接続用の無線LANルーターとしては、「WS5200」が初めの製品となりますが、価格の割には、結構な性能ですので、国産の6,8千円台の製品と変わらないように思います。 自分1人か2人で使うならこれで十分でしょう。

これが売れれば、国産の無線LANルーターの値崩れは確実でしょう。

無線LANルータ「HUAWEI WiFiWS5200」

アンテナを除くサイズは約205 x 120 x 36.8mm(L x W x H)、重さは約243g

特徴
・本体ボタンを押してWi-Fi子機と接続できる「Huawei HiLink」に対応。
このボタンはWPSにも対応する。
・ゲストWi-Fiの機能や接続端末に対する速度制限機能
・ペアレンタルコントロール機能
・MACアドレスフィルタリングの機能も搭載。

スペック
・最大通信速度は867Mbps(5GHz帯接続時)または300Mbps(2.4GHz帯接続時)。
・HUAWEI Gigahome 800 MHzプロセッサーと128MBのメモリ(CPU内蔵)を搭載
・4本の可動式アンテナを搭載
・2.4GHzと5GHz帯域をサポートし、802.11ac(Wi-Fi 5)に対応
・2×2のMU-MIMO
・ビームフォーミングにも対応する。

・ファーウェイ 商品サイト
https://consumer.huawei.com/jp/home-internet/ws5200/

関連記事
最近、無線LAN(Wi-Fi)ルーターで最速合戦が繰り広げられているが、トライバンドルーターって何?

最近流行りの無線LANルーターの機能「メッシュ」対応のネットワークって、何?

バッファローが、11ac対応トラベルルーター「WMR-433W2」を発表

TP-LINKが、低価格で高性能なデュアルバンド無線LANルーター「Archer A2600」を12月上旬に販売開始すると発表

バッファローが、従来製品よりCPU性能アップで最大スループットを向上させた、Wi-Fiルーター(無線LAN親機)「WSR-2533DHP2シリーズ」を2018年9月下旬に発売すると発表

NECプラットフォームズが、IEEE 802.11ac対応無線LANルーター計3製品「Aterm WG1200HP3」「Aterm WG1900HP2」「Aterm WG2600HP3」を発表


Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする