レノボが、1万1000円のAndroid 9 Go Edition搭載タブレット「Lenovo Tab M7」と「Lenovo Tab M8」を発表しました。

2019年11月12日、
レノボが、1万1000円のAndroid 9 Go Edition搭載タブレット「Lenovo Tab M7」と「Lenovo Tab M8」を発表しました。 

随分とお安いタブレットがリリースです。 まだ、使ったことのない方や、子供向けに良いのではないでしょうか。

「Lenovo Tab M7」は1万1000円(税別)から、発売日は11月29日。
「Lenovo Tab M8」は2万800円(税別)から、発売日は11月15日。

■「Lenovo Tab M7」

OSには最新のAndroid 9.0 Goを搭載していますので、メインメモリが1GB程度でもちゃんと動くのでしょうか。

Android 9.0 Goは、エントリーレベルのスマホや、信頼性の低い接続環境を想定して設計されたAndroid OSの機能限定版です。

アプリも、Gmail GoYouTube GoFiles GoGallery Goなどの軽量アプリが揃っています。

Lenovo Tab M7

本体寸法:約176.33×102.85×8.25mm、質量:約236g。

主な仕様
OS      :Android™ 9.0 Go Edition
プロセッサー:MediaTek MT8321 クアッドコア プロセッサー
メモリ   :1GB
ストレージ :16GB
ディスプレイ:7.0型ワイドIPSパネル (1024×600ドット)
インターフェース:Micro USB 2.0、microSDメディアカードリーダー、マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック
バッテリー駆動時間:最大約10時間
バッテリー容量      :3,500mAh

■ビジネスユーザー向けにメモリ1GB+ストレージ16GBモデルに加えて、メモリ2GB+ストレージ32GBモデル(OSはAndroid™ 9.0)も用意しています。

■「Lenovo Tab M8」

Lenovo Tab M8

本体寸法:約199.1×121.8×8.15mm、質量:約305g

主な仕様
OS      :Android™ 9.0
プロセッサー:MediaTek Helio A22 Tab クアッドコア プロセッサー
メモリ   :2GB
ストレージ :16GB
ディスプレイ:8.0型ワイドIPSパネル (1280×800ドット)
インターフェース:Micro USB 2.0、microSDメディアカードリーダー、マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック
バッテリー駆動時間:最大約12時間
バッテリー容量:5,000mAh

製品詳細
■Lenovo Tab M7
https://www.lenovo.com/jp/ja/tablets/android-tablets/tab-series/Lenovo-TB-7305/p/ZZITZTATB37

■Lenovo Tab M8
https://www.lenovo.com/jp/ja/tablets/android-tablets/tab-series/Lenovo-Tab-M8-2nd-Gen-HD/p/ZZITZTATB58

関連記事
6,980円、ドン・キホーテの激安Androidタブレット「カンタン Pad 2」を3月9日より発売すると発表

Amazonが、8,980円の7型タブレット「Fire」を発売開始しました。

Huaweiが、9,980 円(税別) Android タブレット「MediaPad T1 7.0」を同社の直販サイト V モールで発売

Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする