発達障害

ブログサイト作成

【ブログSEO】最近アクセス数の多いある記事があり、流入するクエリのキーワードも興味深いのです。

2022-06-06、 最近アクセス数の多いある記事があり、流入するクエリのキーワードも興味深いのです。 それは下記の記事で、ある会社の社員を対象にして記載した記事なのですが、ページビュー(閲覧数)が、クエリが上位の方にランクしてい...
発達障害

【社会問題】学校で「発達障害」の子どもが急増する本当の理由  発達障害は増えているのか?

2022-04-06、 本日のお題は、大きな社会問題なのですが、取り上げられることの少ない問題で、東洋経済ONLINEの記事からです。学校で「発達障害」の子どもが急増する本当の理由、そして、発達障害は増えているのか? 確かに、人類学...
発達障害

【NHK番組】 「ナチスとアスペルガーの子どもたち」  初回放送日: 2021年2月18日

2021-09-16、 本日のお題は、NHK番組フランケンシュタインの誘惑 科学史 闇の事件簿で「ナチスとアスペルガーの子どもたち」についてです。9月15日夜、再放送されました。 アスペルガーと云う言葉を聞いたことが有ると云う方は、...
女子力アップ

【書籍紹介】 発達障害と人間関係  カサンドラ症候群にならないために  宮尾 益知 (著)

本日の書籍紹介は、 発達障害と人間関係 カサンドラ症候群にならないために  宮尾 益知 (著) です。 筆者は児童精神科医で、どんぐり発達クリニックの医院長です。 世の中、本当に色々な人間が居ます。 平気で、列に割り込みしてくる奴。...
発達障害

【書籍紹介】 ADHDの正体: その診断は正しいのか  岡田 尊司 (著)

本日の書籍紹介は、2冊  ■ADHDの正体: その診断は正しいのか   岡田 尊司 (著) もう一冊、 ■発達障害のウソ――専門家、製薬会社、マスコミの罪を問う 米田 倫康 (著) なぜ、2冊紹介するかと云えば、著者が「...
発達障害

【書籍紹介】 誤解だらけの発達障害  岩波 明 (著)

本日の書籍紹介は、「誤解だらけの発達障害」  岩波 明 (著) です。  脳の障害に関する書籍は、新刊書をメインに、もう百冊を超えるほど読んでいますが、この書籍は、よくまとめられた良書です。 特に、中途半端な知識しか持っていない...
発達障害

【書籍紹介】「死に至る病 あなたを蝕む愛着障害の脅威」 (光文社新書) 岡田 尊司 (著)

本日の書籍紹介は、「死に至る病 あなたを蝕む愛着障害の脅威」 (光文社新書) 新書 岡田 尊司(著)です。  精神科医の岡田 尊司氏の書籍ですが、過去に何冊も拝読していますが、ちょっと視点を変えて「愛着障害」が発生すると、どのような...
12.脳科学

【書籍紹介】虐待された少年はなぜ、事件を起こしたのか

本日の書籍紹介は、「虐待された少年はなぜ、事件を起こしたのか」です。 石井 光太 (著) 最近、芸能人の女性が、年下の夫に「子供が欲しい」との理由で離婚したとの話を聴いて、理不尽さを感じていましたが、人様の家の事ですので何とも言えな...
発達障害

【書籍紹介】 自閉症という知性  池上 英子 (著)

本日の書籍紹介は、「自閉症という知性」(NHK出版新書) 池上 英子 (著) です。 発達障害に関する書籍は、たくさんあるのですが、特に「自閉症」について、別の視点から書かれた書籍で、自閉症的な人たちの世界を理解するには、役に立つ情報が沢...
発達障害

福井大学が、ADHDの脳構造の特徴を人工知能(AI)により解明し、遺伝子多型の影響を発見

2018年12月3日、 福井大学の「子どものこころの発達研究センター」が、論文タイトル:「人工知能(機械学習)によるADHDの遺伝要因と脳構造との関連を解明」の研究結果を発表しました。  発達障害には、ADHD(注意欠陥・多動性障害...
発達障害

【興味深い研究】「自閉症の現れ方は男女で異なる。隠している人ほど精神的な問題が」 以前から気になっていたことを話します。

本日は、「自閉症の現れ方は男女で異なる。隠している人ほど精神的な問題が」以前からずーっと気になっていたことをお話します。 発達障害、特にASD(自閉症スペクトラム障害)とADHD(注意欠陥・多動性障害)について、数十冊以上の書籍を何年...
女子力アップ

【重要記事:精神医療の現状について】成人のASD・ADHDの診断は、幼少期の状況などの丁寧な聴取が必要

本日の重要記事は、精神医療の現状について、2018年6月に名古屋で開催された第59回日本心身医学会総会ならびに学術講演会で、成人の発達障害について、北里大学精神科教授の宮岡等氏が、講演で述べたことです。  成人のASD・ADHDの診断...